TOPビジネス書 >日本のお金持ち研究を読んでいたらトランプが出てきた

2016年05月22日

日本のお金持ち研究を読んでいたらトランプが出てきた

精神と頭脳を錬磨するため、今日も本を読んでいたら、

アメリカにおけるお金持ちというと、ビル・ゲイツ(マイクロソフト、資産額5兆1600億円)、マイケル・デル(デル・コンピュータ、資産額1兆3440億円)、スティーブ・ジョブズ(アップルコンピュータ、資産額1920億円)などIT通信関連の企業家や、ウォーレン・バフェット(資産額4兆3200億円)などの投資家、さらにはドナルド・トランプ(資産額2280億円)などの不動産業の企業家が思い浮かぶ(p.15)


トランプ氏が出てきた(笑)

アメリカ大統領選の共和党候補者指名争いに名乗りをあげている不動産王のドナルド・トランプ氏である。

こんなところに出てくるような人だったのか。






posted by macky at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック