TOP株・投資 >マンガ サヤ取り入門の入門―スプレッド、アービトラージ、ストラドル…すべての基本はココにある!

2017年03月21日

マンガ サヤ取り入門の入門―スプレッド、アービトラージ、ストラドル…すべての基本はココにある!

マンガ サヤ取り入門の入門―スプレッド、アービトラージ、ストラドル…すべての基本はココにある! (ウィザードコミックス)
高橋達央/作画、羽根英樹/監修 (パンローリング) 2004年
1,800円+税


【動機】
サヤ取りについて知ろう。



【所感】
漫画がしょーもなくてイライラする。



【概要】
小さいリスクで大きなリターンが望める「サヤ取り」。初心者でもすぐわかる、実践的入門書の決定版!相場の上げ下げが直接影響しない「サヤ取り」。ヘッジファンドではごく一般的に用いられる手法です。インターネットの普及でホームトレードの環境が整った今こそ、サヤ取りをはじめるチャンス! 個人でも実行可能なパターンをマンガで一から解説。商品先物の基礎から実際の売買手法まで、きめ細やかな注釈と付録CD-ROMがついて、今日からあなたもサヤ取りトレーダー!(Amazonより)

相場の上げ下げが直接影響しない「サヤ取り」。ヘッジファンドではごく一般的に用いられる手法です。インターネットの普及でホームトレードの環境が整った今こそ、サヤ取りをはじめるチャンス!商品先物の基礎から売買パターンまでをマンガで一から解説。きめ細やかな注釈と付録のCD‐ROMで、今日からあなたもサヤ取りトレーダー。(「BOOK」データベースより)






【抜粋】
●「ジョージ・ソロスとかで有名なやつですよね?」

「そう。ヘッジファンドはいろいろな手法を使って世界のマーケットで運用されているんだよ。そしてそのうちのいくつかの手法はサヤ取り、もしくはサヤ取りに近い手法なんだ」(p.54)

☆ジョージ・ソロスもサヤ取りをやっていた。



●「最後に必ず用意してほしいのが勉強ノートだ」

「勉強・・・ですか?」

「これは練習期間中だけでなくずっとつけてほしいんだ」

「はい・・・あの〜、何を書けばいいのかしら・・・?」

「特に決まりはないよ。ひとつだけ必ず書かなければならないのは売買したときに感じたことだね」(p.79)

☆ 『ソロスの錬金術』 を読んでみると、「私が投資決定を下すときに手掛かりとした考えを日記に記録したのである。帝国主義的循環の将来が最も重要な意味を持つと考えていたので、本書で論じる仮説を用いてどれだけ将来の動向を正確に予測できるかを実験したのである。」と書かれていた。やっぱり日記を書くのは大事なんだなぁ。



●「サヤ取り向きでない銘柄はありますか?」

「金なんかはサヤ取りに適さない例だね」

「どうしてですか?」

「サヤの変動が小さすぎるからよ」(p.106)

☆逆に、トウモロコシやアラビカコーヒーは値幅が大きく、板寄せ銘柄なのでサヤ取り向きの銘柄といえる。(ザラバより板寄せの方がサヤ取り向き)





【アクションプラン】
・場帳や玉帳の書き方を覚える。

・『サヤ取り入門[増補版 (現代の錬金術師シリーズ)』 を読んでみる。




【Amazonレビューより】
・数少ない実践者の本 2004/8/27
 相場関連の中で数少ない実践者の本です。
実際の売買に必要な売買道具。
  場帖・玉帖・資料
これら「三種の神器」が、わかり易く説明されています。
マンガ形式とはいえ、内容は本格的です。
この中の資料整備を行い、ブロック場帖を毎日つけていく。
この繰り返しが、貴方を利益を上げ続けられる投資家に
変えていくことになるでしょう。
始めてだからこそ、この技術を学んで頂きたい。
そのための入門書として最適です。(日本一小さい歴史書店さん)
 

・サヤ取りとは何か。。。から始める 2008年12月17日
人には最適であると思う。
ページ数も多くなく、漫画なので視覚的に楽しめ理解することから始められるのが良い。
入門の入門ということで少しでもサヤ取りを齧ったことのある人や、同じく入門の入門を卒業して入門編を読み始めた人にとっては逆に物足りない内容となる。
また、付属のCDROMはこのレベルでの人には全くもって不要で、まずは商品先物でのサヤ取りに必要なサヤグラフ、場帳、ブロック図の記入から、実際仕掛けた時に記入する玉帳、研究ノートなどのツールの使い方を理解し、実際に自分で手を動かして作成することから始めるべきである。
そうして、相場観を養ってからCDROM(チャートプロ)なりEXCELを利用すればいいわけであって、始めからシステム的なツールに頼るのは良くないと思う。
とはいえ、入門編を読んでもよくわからなかった人やサヤ取り(商品先物の)とはどんなものか知りたい人にとっては、良書となるであろう。(TOKVINEメンバーさん)


・初めて読むならいいかな 2008年4月6日
画のレベルは同人誌っぽいのですが、用語は理解できるようになります。
女性の手にしてはゴツイ描き方をされていたり、妙にアゴがたるんでる顔(のアングル)が
とても気になり、オイオイとツッコミを入れたくなるページ多数です。(笑)

商品先物はストップ高、ストップ安が頻繁に発生するので、ザラ場で稼ぐのじゃなければ、
サヤ取りがいいと思います。サラリーマンは平日昼間に取引なんて出来ませんしね。
相場が大荒れしても安心してみていられますし、サヤ取りのルールさえ守れば、
損切りするタイミングも掴み易いです。

1800円は高いと思いますが、片張りで値が飛ぶと5万、6万なんてすぐに持って
行かれますから、最初はこれで勉強しましょう。(VN-201VINEメンバーさん)


・CD−ROMは不要 2007年4月25日
この本は先の「サヤ取り入門」の姉妹書で、その「サヤ取り入門」でも予備知識がないと読むには難しいという意見を考慮して、まんがで解説した本書が出された。しかしこの本だけでは不十分なのは明らかで、当然「サヤ取り入門」は買って読まなければならない。値段が高いのはサヤ取り専用ソフトのCD−ROMが付録で付いているからだと思うが、このレベルでは不要と思われ、その分内容を濃くしてほしかった。(sirou55さん)




【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
サヤ取りって何?って思った時に。

 
posted by macky at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株・投資 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック