TOPビジネス書 >細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!

2017年03月24日

細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!

細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!
細野真宏/著 (小学館) 2008年
1,200円+税


【動機】
「本質を見抜く力」を鍛えたい。

成功の五角形で勝利をつかめ!』 を読んで、論理的思考力を鍛えるのに数学が大事ということがわかったので。

経済のニュースが面白いほどわかる本 日本経済編』 を以前読んだらわかりやすかったので。



【所感】
全体的に内容が薄く肩すかしの内容。

最大の肩すかしはp182からのワンポイントレッスン9の問題。

小学生でも解けるのでは?

とツッコみたくなる。




【概要】
少しの努力で飛躍的に頭が良くなれる“究極的な秘密”が「数学的思考力」だった!!650万部突破の、数学、経済、投資など、数々の分野で大ベストセラーを生み出したカリスマ受験講師が、初めて明かした「最強の思考法」と「最強の勉強法」!!「どうすれば数学が得意になれるの?」「どうすれば経済のニュースが簡単に分かるの?」「どうすれば自分の考えを分かりやすく話せるの?」「どうすれば文章をうまく書けるようになるの?」…それらの答えは「数学的思考力」を身に付けることだった!数学、経済だけでなく、ビジネス、日常会話など、あらゆる分野に応用できる「数学的思考力」を、どんな数学嫌いな人にでも分かるように解説!この一冊で、あなたも驚くほど飛躍的に思考力が磨かれる!!(「BOOK」データベースより)






【抜粋】
●ちなみに、学問的には、「なぜハチが飛べるのか」は「航空力学」の基本である「ベルヌーイの定理」に、「レイノルズ数」という考え方を加えて、ようやく解明することができたのです。

 実は、空気には “粘り気” があって、ハチのように体が小さいと “空気の粘り気” の影響が強くなるのです。
例えばこれは小さな虫が高いビルから落ちても大丈夫なことからも分かります。
 つまり、通常の航空力学の視点の「なぜ飛行機が飛べるのか」という話とは別に、虫の視点から見た “空気の粘り気” ということも考えて、ようやく「なぜハチが飛べるのか」が分かったのです。(p.237)

☆ためになったのはこれくらいか。「ベルヌーイの定理」はよく聞く。



●「地方分権」が進むと、
地方の知事らは(国の顔色を窺うことなく)地元のことを中心に考えることができるようになるのです。
 そして、実際に「地方分権」が進むと、すべての政策を
“自分自身の財布” で行うことになっていくので、
当然のことながら “無駄遣い” が減ることに繋がるのです。
 そうなれば、深刻化している「国と地方の借金問題」に
歯止めをかけられることが期待できます。(p.249)

☆じゃあなぜそもそも明治新政府は中央集権化したのか?
という疑問が出てくるだろうが、

そこにはまったく触れられていない。





【アクションプラン】
・細野真宏さんの本をまとめて買っておいたので全部一気に読んでしまいたい。

・佐藤優さんおすすめの数学本を読んでみる。

・『MBAクリティカル・シンキング』 を読む。





【Amazonレビューより】平均4.0
・酷い・・・ 2014年5月13日
今後amazonのレビューが信用できなくなるくらい酷い本でした。小学生にならかろうじて勧めても良いレベルです。
楽◯でよくある「レビューを書いたら送料無料!」のような、高評価することでユーザーに何らかの還元があるキャンペーンが裏で行われてるとしか思えない。
もちろん根拠はありませんが、そうでないとこの高評価が説明できないほど酷い本です。

この本を読んだ後波頭亮氏の
「思考・論理・分析―「正しく考え、正しく分かること」の理論と実践 」
を読んだら大体50ページ位で「数学的思考力」の内容全てをカバーしてました。この本は304ページなので約250ページ分が贅肉で出来ています。

内容は、とにかく論理思考についての基本的、常識的な話です。別に間違ったことは言ってませんが特にためになるような話も見当たりませんでした。
唯一経済ニュースの読み方を解説したコーナーだけ関心を持ちましたが、その他のページは白紙と同じくらい無価値です。無価値というか無意味です。メモ帳に使える分白紙の方がマシです。
というか「数学的思考」と冠するのは大げさです。数式使うわけじゃないし・・・数学「的」だからいいのかな。

内容が悪いだけでなくレイアウトや編集側の企図も酷いです。
適当にページを開くと1ページの約4分の1の文字が太字で強調されており、これが全ページにわたって続きます。強調の意味が全くなし。
また、コラムと「ここまでの内容のおさらい」が本文に匹敵するほど長い。これは確かめてませんが100ページ分位はコラムとおさらいだったと思います
他には、ありそうなことですが挿絵が邪魔です。内容理解の助けにならない無意味なイラストが挿絵の9割を占めてます。

この手の内容の薄い本は啓発系の本にはよくありますが、2014年5月時点で107件もレビューがあったのでこれは被害者が増え続けるだろうと思って初レビューしました。(adnglafsgさん)

☆なぜこんなにAmazonで高評価なのか疑問に思っていたが、こういうまともなレビューもなかにはあった。

というか、私もレビューに騙された一人である。




【評価】
評価:★☆☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
Amazonのレビューを読むと、それまで暗記中心の勉強をしてきた人には有益なようである。
が、それにしてもひどい内容だ。

「内容が無いよう」っていうギャグと同じくらいひどい。

 
posted by macky at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック