TOP健康 >30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド

2012年11月28日

30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド

30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド

30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド
植森美緒/著(高橋書店) 2009年


【概要】
昔より食が細くなったのに、なぜ腹が出てくるのかというと、
年をとると基礎代謝が低下して、若いときより消費カロリーが低く抑えられているから。
消費しきれないエネルギーは脂肪になって蓄えられる。

お腹を引っ込めようとして過度な食事制限をすると、脂肪より先に筋肉が減ってしまう。
これは飢餓状態になったカラダが生き残るための手段として、エネルギー消費が多い筋肉より、脂肪を残そうとするから。

こうなると基礎代謝の量が一気に落ちてしまうので、さらにエネルギーを消費しにくい体質へと変わっていく。
つまり少しの食事でも脂肪がつきやすい「太りやすいカラダ」になってしまう。

お腹を凹ませるにはわずか30秒の簡単なエクササイズをすればよい。


【動機】
今までは腹筋(シットアップやクランチなど)をほぼ毎日やっていてあまり効果が出なかったけど、
本屋でドローイン系の本を立読みしてちょっと実践してみたらすぐに効果が現れたので
本格的にやってみようと思い、手に取った。


【所感】
30秒ドローインのやりかたは、お腹を凹ませて、お尻を締め、肩を引く。
イメージとしてはオードリーの春日。



【抜粋】
●腹を凹ませると、腹横筋につながっている「胸腰筋膜」という、筋肉を包んでいる薄い膜のようなものが引っ張られます。すると背骨を支える筋肉に張りが出て安定し、体幹部の筋肉が力を発揮しやすくなります。(p.14)

☆なぜドローインがお腹に効くのかというのがわかりやすく説明されている。背骨を安定させるので腰痛対策にもなるようだ。



【アクションプラン】
・歩くときもお腹を凹ませながら歩くようにすることで消費カロリーがアップする。

・94ページの3段階プッシュアップを時々エクササイズに取り入れる。(下下下5秒ずつ、ゆっくり上)

・3段階クランチも下下下5秒ずつ、ゆっくり上の3段階。背中は必ず丸めておく。


【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
読書をしながらでも行える。
もちろん本もおすすめですが、30秒ドローインをやること自体が超オススメです。

 
(121128 読了)
posted by macky at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック