TOP時間術・タイムマネジメント >「1日30分」を続けなさい! 人生勝利の勉強法55

2017年03月30日

「1日30分」を続けなさい! 人生勝利の勉強法55

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
古市幸雄/著 (マガジンハウス) 2007年
1,300円+税


【動機】
ブックオフで52円で見つけたので買ってみた。



【所感】
1日30分でもやり続ければすごいことになるという話。

モノにするには1,000時間は必要。(毎日3hで1年間、毎日30分だと6年間)

6年後に身につけておきたいスキルを今から毎日30分やってみたらおもしろいかも。

せっかくなので一生使えるスキルがいい。




【概要】
人生の勝利に学歴は関係ない!社会人になってからどれだけ勉強するかが、その人の人生を大きく左右する。あまたある既存の“勉強本”に足りない「具体的な勉強法」を詳細にき詰っている人、スキルアップを図りたい人、老いも若きも、男も女も・・・・輝く人生を手にいれたい人のための福音書になるはず!「な~んだ、こんな簡単なことでいいのか!?」のノウハウ満載。(Amazonより)

文庫本もあり。


2003年に「負け犬にならないための勉強法」というタイトルで、1万円で売られていたものの書籍化。
隠れたベストセラーになっていたらしい。


「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
古市 幸雄
マガジンハウス
売り上げランキング: 30,206




【抜粋】
●「読みたい」と思ったときに読むのが、一番効率よくその本の情報を吸収できるからです。(p.36)

☆以前は「読みたい」と思って本を買っても結局何年も読まずに放っておいたが、速読をマスターしてからは読みたいと思ったのはとりあえずすぐに読むようになった。

勉強したいと思った時が一番学習効率が高いときである。



●『記憶力を強くする――最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方』 (講談社ブルーバックス) の著者の池谷裕二氏は、脳科学の観点から、勉強と成績の関係を以下のように説明しています。(p.50)

☆勉強の成果は2,4,8,16,32,64,128・・・とべき乗で増えていく。



●私はバスやトレーラーの運転免許も持っているので、心のどこかで「もし自分のビジネスがダメになったら、また運転手をすればいい」という精神的安定につながっています。(p.61)

☆つぶしがきいてる。「もし自分のビジネスがダメになったら、また○○をすればいい」というのを一つは見つけておこう。



●毎日、簡単に2時間を捻出する方法を伝授しましょう。(p.72)
 それは……テレビを見ないことです。 (中略)
 今まで長年テレビを見てきて、何か習得したスキルはありますか?

☆見た方がいいかも、なにかの役に立つかもというテレビ番組をどんどんカットしていって、必ず見た方がいい! 必ず役に立つ!というものだけに絞り込もう。



●私は 『フレンズ』 をおすすめしています。これはニューヨークに住む若い男女6人が繰り広げるコメディードラマで、アメリカで大ヒットしました。(p.138)

☆こういうのを利用したら英語を身につける近道になるかも。フレーズをたくさん覚えよう。

英語勉強は海外ドラマ「フレンズ」Friends de English 1
https://www.youtube.com/watch?v=7BiGkTDcwxY



●A4のクリップボード
 私は無印良品の「強化スチロール樹脂クリップボード」を愛用しています。
 膝の上に置いた参考書やノートなどにメモをしようとしても、書く面が平らでないとうまく書けません。このクリップボードを膝の上に置くと、あなたの膝が簡易移動机に早変わります。(p.206)

☆これを読んで100均でA4クリップボードをたくさん買ってきた。コピー用紙を挟んでおくだけで大きなメモ帳ができて便利。簡易移動机用として使う時は、紙をはさみこまずに置いておく。





【アクションプラン】
・6年後に身につけておきたいスキルを考える。(今から毎日30分続ける)

・「もし自分のビジネスがダメになったら、また○○をすればいい」というのを一つは見つけておく。

・ 『フレンズ』 を見て英語を勉強してみる。

・英字新聞を速読。




【Amazonレビューより】
・この本は表題がよかった 2016年11月21日
タイトルに尽きる。これをやり続ければいいだけ。元々一万円の情報教材だったそうだが、この程度の内容で一万円払った人達は怒らなかったのかなあという疑問があるけど・・・・本当に毎日30分やり続ければ数年経てばいかほどのことになるか。やらない人にはわからない世界だ。一日にやる分量は制限して、長期戦に持ち込むのだ。

30分という区切りもいい。著者は自分は集中力がないから30分やったら15分休み、これを繰り返すといっている。このやり方はポモドーロテクニックテクニックと同じだ。(ただしポモドーロテクニックの場合は休憩は五分)

中身がないという批判は当然ある。著者もどことなく胡散臭い。が、シンプルな主張に従い、一日30分を一年間続けれれる人はあまりいないのだろう。本人も自嘲しているように「この程度の人」で成功したのだから、我々がやらないことはない。むしろ学歴知力すべて上回っていても一日30分の努力すら怠っていると亀に追い越されてしまうのである。(卵とじさん)

☆一万円払った人達は怒らなかったのかなあと心配しているけど、1年間の完全返金保証を付けていたが過去年半の間に返金を求めた人はたった一人だとプロローグに書いてます。





【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
勉強が好きな人も嫌いな人も。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック