TOP自己啓発 >エゴからエヴァへ

2017年10月17日

エゴからエヴァへ

エゴからエヴァへ
船井幸雄/著 (PHP研究所) 1995年
1,600円+税


【動機】
百匹目の猿』 を読んだのでついでに読んでみた。

こちらも、就職活動中に仲良くなった人に薦められた本。



【所感】
あまりに薄っぺらい内容に驚いたが、

なんとか最後まで読み終えた。


自己啓発本は好きだけど、船井幸雄さんはあまり合わない気がする。

特に後半は、字数稼ぎというか、なんだか当たり前の話をくどくどと話してて退屈だった。


それよりももっと経営的な話が聞きたかった。




【概要】
20世紀を支配して来た常識が、ここ数年で大変化を起こす。生成発展を続ける地球が、人類にレベルアップを求める今、我々はいかに生きるべきなのか。待望の書下し。(Amazonより)







【抜粋】
●藤原直哉さんは、PHP研究所刊の 『THE21』 の八月特別増刊号 『船井幸雄のすべて』 の中で、「船井幸雄が注目するキーパーソンの一人」として紹介されています。(p.156)

☆藤原直哉さんも同じく就職活動中に仲良くなった人に薦められて購入しているので、次に読んでみよう。



●ウォル・マートでは、使い古し、着古した商品でも事実上は返品は自由です。しかし非良心的な返品は、皆無といってもよいもようです。(p.187)

☆ユニクロの強さはこれかも。簡単に返品できるから気軽に買える。それで気に入るからほとんど返品することはない。





【アクションプラン】
・藤原直哉 『この先にある「経済」 (経済の現論)』 を読む。

・春山茂雄 『脳内革命』 を読む。

・モルトケについて調べてみる。



【Amazonレビューより】
・う〜ん? 2003年9月8日
近年は精神世界(というよりオカルトか)に傾倒した著作を次々と発表している著者。”資本主義が終末を迎える””エゴの時代は終った””本物の時代”などのテーマがメインだが、この人が会長を勤める会社はバリバリのエゴのかたまりの会社なんですよね。殿、ご乱心を・・・
初めて読んでみましたが、薄っぺらい内容に愕然としてしまいました。(スペンサーさん)






【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
精神世界に興味のある人に。

 
posted by macky at 23:58 | Comment(0) | 自己啓発 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: