TOP株・投資 >アラビアのバフェット“世界第5位の富豪”アルワリード王子の投資手法

2017年11月08日

アラビアのバフェット“世界第5位の富豪”アルワリード王子の投資手法

アラビアのバフェット“世界第5位の富豪”アルワリード王子の投資手法 (DVD付) (ウィザードブックシリーズ125)
リズ・カーン/著 (パンローリング) 2007年
1,800円+税


【動機】
“アラビアのバフェット” ことアルワリード王子が逮捕された。


【所感】
600ページもある分厚い本だけど、けっこう読みやすい。

さーーっと1時間くらいで読んだ。



【概要】
この1冊でアルワリードのすべてがわかる。3万ドルを230億ドルにした「伸びる企業への投資」の極意。世界第5位の投資家が明かす成長し続ける企業・経営者の資質とは。(「BOOK」データベースより)






【抜粋】
●一時間モノポリーをやるんですが、いつも彼が勝っていました。彼の猛攻を食い止めるだけの頭脳はあったはずなんですけど、モノポリーではいつもわたしが負けるんです。だから、きっと彼は金儲けをするだろうなと思っていましたよ。彼はホテルを建設するという、とてつもない夢を描いていました。(p.63)

☆金儲けがうまい人はやっぱりモノポリーが強いんだな。



●王子の手元には一日に250件以上のアイデアが持ち込まれるが、王子がきちんとリサーチをせずに動くことはけっしてないらしい。
 「何かを見つけたら徹底的にリサーチして評価する。それからスタッフを全員集めてフィードバックしてもらうんだ。大急ぎでもらうこともある。急いで行動に移さないと間に合わない場合もあるだろう。チャンスはそう長く待っていてはくれないからね。でも、じっくり時間をかけて評価してから動くこともあるよ。(p.382)

☆毎日250件のアイディアを捌いているのか。すごいな。たしかに時間のある時にリサーチしようと後回しにしている間にチャンスは去ってしまう。



●「まずはサウジアラビア市民として、次に事業家として、最後にサウジアラビア王室の一員として発言している」(p.561)

☆よく政治家になってくださいと言われるが、いつも地盤看板カバンがないと言って断っている。
有力議員の秘書から一歩ずつ階段を駆け上がったり、新聞記者になって有力議員に近づいたり勉強したりするのも一つの手だが、
政治家になるとしたら、まずは事業で成功してから、還元するために政治家になりたい。
身近なところから始めて、世の中全体を良くすることで恩返しするのだ。




【アクションプラン】
・モノポリーを極めたい。

・付録のDVDも見てみよう。

・リサーチをなるべくすぐにやって判断する。




【Amazonレビューより】






【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
アルワリード王子について知りたいときに。

 
posted by macky at 23:58 | Comment(0) | 株・投資 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: