TOPパソコン >たった1日で即戦力になるExcelの教科書

2018年01月18日

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

たった1日で即戦力になるExcelの教科書
吉田拳/著 (技術評論社) 2014年
1,780円+税


【動機】
はしがきを読んで興味を持った。

「自分が今まで長時間かけていたのは何だったんだ……」

「30分かかっていた作業が数秒に」

「2日かかっていた作業が5分に」



【所感】
ざっと読んでみたが、ほとんど知っていることだった。



【概要】
Excel地獄に陥らないための、今日から即役立つテクニックから、社会人10年目でも意外とわかっていない「なぜ、それが必要なのか?」といった目的意識まで、実務直結の知識を最小限の時間でマスター!(「BOOK」データベースより)


たった1日で即戦力になるExcelの教科書
吉田 拳
技術評論社
売り上げランキング: 1,064




【抜粋】
重要ショートカット一覧

・Ctrl+1 :セルの書式設定を開く

・Ctrl+S :上書き保存。こまめに押しましょう

・Ctrl+Z :操作を元に戻す。何か操作ミスがあったら落ち着いて押しましょう

・Ctrl+F :シート上やファイル内で探したい文字列を探す(検索機能)

・Ctrl+H :複数個所の文字列を一発で修正したり削除したりする(置換機能)

・Ctrl+Enter :複数セルへ一括入力する

・Ctrl+D :1つ上のセルを複写する

・Ctrl+R :1つ左のセルを複写する

・F4 :数式の絶対参照を設定する

(中略)

・Alt+Shift+= :オートSUMを実行する

(中略)

・Alt+Enter :セル内で改行する

・Ctrl+Space :アクティブセルがある行全体を選択する(ただし、アクティブセルの入力モードが半角英数である必要あり)

・Ctrl+「-」 :セル、行、列を削除する

・Shift+Ctrl+「+」 :セル、行、列を挿入する(p.29)


☆これくらいは覚えておくといいかもしれない。

・Ctrl+1 :セルの書式設定を開く
・Shift+Ctrl+「+」 :セル、行、列を挿入する

この2つは知らなかったので使ってみようと思ったけど、
なぜかうちのExcelでは使えなかった。

調べてみたら、テンキーでは使えないようで、

「!1ぬ」や「+;れ」を使えばできた!




Excel 2003以前では .xlsxのファイルは開くことができない(p.42)

☆うちのExcelは2002なので新しいExcelで作ったファイルが開けなかった。

そういうときは、Excelファイルの保存形式を、「Excel97-2003ブック(*.xls)」としておくこと。






【アクションプラン】
・あまり目新しい情報はないが、暇で何もすることがない時に、最初からじっくり読んでみよう。





【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 辞書タイプではなくまさに教科書
2017年7月18日
当方、社会人経験そこそこのエンジニア。エクセルはエンジニアリングでも、予算管理でも良くつかう。

エクセルは一通り使えるつもりで、問題に当たるとネットで解決策を探する。これでも、確かになんとかなる。でも、一度体系的に学びたいと思って本書をとった。正直、超基礎向けの本ではない。8章仕立てで、知っておくべきポイント、数式、六大関数、日付と時刻、文字がメイン。この中でも日付と時刻、文字については目からうろこであった。六大関数はエクセルを仕事で使っている人にとっては特別目新しい関数(if, sum, count if, sum if, count if, vlookup, )ではないとおもうが、複数組み合わせなど応用を前提として使い方を教えてくれる。

正直、一日で消化しきるにはボリュームはおおい。時間がたっぷりある日に家でパソコンを置きながらやる。または、まずはカフェで数時間で流し読みするような本。自分は一回目はパソコンなしで流し読み、2回目は一回目に読んで実際に試してみたかったところでパソコン動かしながら読みました。「へ―、知らなかった。これ便利。」の連続。

自分は本書を買う前に、辞典タイプのようなエクセル本を数冊(文庫サイズの物から大判のものまで)買ったが、ctrl + Fで自分が知りたい項目を本から調べられるわけではないので、結局、辞典タイプはあんまり実用的でないと感じていた。そして本書を買った。知っているところがあったとしてもそこは無視して(これ大事)、最初から最後まで読んで、かなりレベルが上がったと思う。たぶん、合計10時間くらい費やしたけど、半年で元の時間は取れたと思う。

あと、もう一つの特徴として本が開きやすい。パソコンを見ながらやってもページが勝手に閉じないので、楽チン。しかし、エクセル、本当に便利だが、奥が深いと感じた本。(eiventさん)





【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
Excelを初めて使う人が教科書として使うにはいいかも。

posted by macky at 18:27 | Comment(0) | パソコン | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: