TOPメモ術・ノート術 >起業は1冊のノートから始めなさい―――「事業プラン」から「資金計画」までを可視化する起業ログのススメ

2018年01月26日

起業は1冊のノートから始めなさい―――「事業プラン」から「資金計画」までを可視化する起業ログのススメ

起業は1冊のノートから始めなさい―――「事業プラン」から「資金計画」までを可視化する起業ログのススメ
上野光夫/著 (ダイヤモンド社) 2013年
1,500円+税



【動機】
タイトルを見て興味を持った。



【所感】
手書きのノートの方が発想が広がる。

Evernoteとかだと検索は楽だけど、あとから見返したりするのが大変だ。(というかほとんど見返さない)



【概要】
起業で成功している人の秘密・ノウハウを大公開!「起業までのスケジュール管理」「ビジネスモデルの検討」「スキルアップ」から、「人脈形成」「起業家マインドの強化」「事業計画書の作成」まで。(「BOOK」データベースより)






【抜粋】
●「でもしか起業」を「前向き起業」に変える(p.55)

☆起業ノートを活用して準備をすれば、起業に対して「熱い思い」を抱けるようになり、「前向き起業」に変わることができるそうだ。

いかに準備をしたかが成功のカギを握る。

その準備をするツールとして起業ノートを活用するわけである。



●事業を長く継続するには、これらの数字を把握しながら、どのような事業活動をやっていくべきかを考えて実行していくことが重要です。起業準備をしている間にやっていただきたいことは、「起業ノート」を使ってあなたの事業の数字を予測することです。(p.212)

☆特に収益を予測することが重要。

収益を考えるためには、まず売り上げがいくら上がるかを予想することが必要。

どれだけ実現可能性のある数字を予測できるかが、起業の成否のカギだと言える。



●いざ自分も起業してみると、「見るのとやるのでは大違い」で、起業家であるからこそわかる苦労を味わうとともに、起業家と金融機関のギャップを強く認識したのです。
 ギャップの例を挙げると、起業家がマーケティングにかけるお金をとても重要視しているのに対して、金融機関は軽視する傾向にあります。私は、起業して初めて広告宣伝などマーケティング活動がいかに重要かということを痛感しました。
 また、金融機関は、創業融資の可否を審査するときに「自己資金の多寡」や「事業に関連する勤務経験の有無」をポイントとしていますが、この2つが乏しい起業家でも成功する人はたくさんいます。(p.244)

☆銀行マンは資金融資のプロだが、起業のプロではない。
プライドが高い分、逆にデメリットとなるかもしれない。




【アクションプラン】
・起業ノートを書く。(1〜3年くらい)




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 普段の生活からアンテナを張るようになる。 2016年2月26日
とても読みやすくすぐに読み終えました。
起業をしたいと思っている方だけでなく、自分探しにも使える手法だと思います。
この本を読んでいる最中からノートを買ってきてページをめくる度に手を止めノートに書き込んでいきました。
そしてこの本を読んでノートに書き込むという事を意識するようになってからは今まで、これすごいな!と思っていながら通り過ぎていた所も足を止め観察しノートに残すという事が増え毎日が楽しくなりたったひとつの行動がここまで普段の生活を楽しくしてくれるのだなと驚いています。

起業をしたい方、人生をもっと豊かにしたい方にメンタル面だけでなくとても実践的な1冊です。(Amazon カスタマーさん)


・5つ星のうち4.0 ノート作成中 2013年10月25日
フリーで個人事業主として活動しています。将来、新たな顧客を獲得できるような方針転換をするか、法人化をするべきかどうか、などなど検討中の段階で本書を読みました。本書では「個人で始める独立開業」も「企業」として扱っているので、私のような立場で読んでも有益な情報が多くありました。
本書では、「手書きのノート」の重要性を説いていたので、早速ノートの作成に取り掛かっています。パソコン上では事業計画や必要なデータを自分なりにまとめていましたが、携帯できるノートで内容を確認できるのはもっといいです。どういいかといわれると、「やってみたらわかります」というしかないような、、、。「やらなきゃ」と思っていたことを、それまで書き留めていた一連の流れの中で再確認できるのがいいのかもしれません。
手書きが面倒という人もいるかもしれませんね。パソコン等のデジタルツールもよく使いますが、私自身はもともとはアナログ派で、いろんな内容を書き留めてまとめていた時代があったので、苦にならないのかもしれません。でも、手書きが苦手な人でもやってみる価値はあると思います。
今までも「やらなきゃ」と思っていてできなかったことのなかで、ノートに書いたらやはりその必要性が認識できて行動に移せたことがあります。10年程度の経験があり、具体的な案などもかねてより考えてあったので余計に効果を感じているのかもしれません。
なかなかいいです。(くろまめさん)


・5つ星のうち5.0 お役立ち度抜群の起業指南書 2013年9月7日
 著者は我が国最大の創業融資機関の元融資課長です。豊富な経験に裏付けられた実践的なアドバイスが、惜しげもなく盛り込まれています。
 起業を成功させる一番のポイントは準備に力を入れることであり、そのためにノートをつけることが有効という著者の主張は説得力があります。起業への想い、不安、独立予定日、目標、不足するスキル・ノウハウ、人脈などを書き出すことは、自分で自分をコンサルティングすることになります。これがいいと思います。起業は自分の力と判断で行うものだからです。
 起業相談のプロに読ませたら、「自分の仕事がなくなる」と怯えていました。充実した内容の1冊です。(現場直行さん)






【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
いつかは起業したいと思っている人に。




【結論】
事業が成功するかどうかは準備にかかっている。

起業ノートを使って徹底的に準備しよう。
posted by macky at 23:58 | Comment(0) | メモ術・ノート術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: