TOP経営学 >成約率が10倍になる 士業のためのWeb集客術

2018年02月02日

成約率が10倍になる 士業のためのWeb集客術

成約率が10倍になる 士業のためのWeb集客術
保田昌宏/著 (翔泳社) 2014年
2,000円+税


【動機】
マーケティングのスキルを身につけたい。



【所感】
このスキルを身につければ、士業だけじゃなくどんなことでも成功しそう。



【概要】
アクセス数、問い合わせ数、顧客数がアップする最新のWeb集客法を解説!

独立後の士業の先生にとって最大の関心事は、「クライアントを獲得すること」。
しかし、各分野では立派な専門家である士業の先生も、営業やマーケティング、特にWeb集客の分野は専門外であり、効率的にクライアントを獲得している先生はごく少数です。
本書では、SEO対策、LPO対策、EFO対策、FacebookやTwitter、YouTubeの活用など、士業の先生がWebを活用して集客するための方法をステップバイステップでわかりやすく解説しています。(Amazonより)


成約率が10倍になる 士業のためのWeb集客術
保田 昌宏
翔泳社
売り上げランキング: 355,295




【抜粋】
●インターネットユーザーが検索する理由の一つが、悩みを解決するための情報収集です。たとえば、相続問題を抱えている人であれば、「相続 手続き」や「相続 遺留分」といったキーワードで検索しています。また、離婚をしたくて悩んでいる人であれば、「離婚 条件」や「離婚 慰謝料」といったキーワードで検索しています。(p.56)

☆ペルソナがどんなことで悩んでいるかを考える。



●「YAHOO!知恵袋」や「OK Wave」などのQ&Aサイトでは、ユーザーが抱えている悩みや問題を知ることができます。ユーザーからの質問をもとに自ら回答を作成し、コンテンツとして利用すればネタ切れの心配もなくなります。下に挙げたのは、複数のQ&あサイトを横断的に検索できる「Ritlweb」というサイトです。(p.61)

☆質問があるということは、それだけ需要があるということ。





【アクションプラン】
・一つのブログに全部詰め込むよりも、、テーマを特化して分割してみる。

・「Ritlweb」を使ってみる。



【Amazonレビューより】
・ノウハウを売り物にしている職業の方であれば 非常に勉強になる内容 2015/6/29
友人の弁護士に薦められた本でしたが、士業とは関係のないとの指摘があり、1週間ほど購入を躊躇していました。
が、どうしても内容が気になり、2,000円と高額でしたが思い切って購入しました。

結論から言うと、士業だけでなく、ノウハウを売り物にしている職業の方であれば、
非常に勉強になる内容で、本を片手にすぐにでもWEB集客を導入できると感じました。

F総研の士業Web集客関連書籍との比較では、こちらのほうが、やや中・上級者向け、
より実践的であるとの印象を受けました。

ただ、その分、SEO対策など、初心者ではわかりづらい内容も含まれていたため減点しました。(サマーさん)


・当然のことながら資格を持っても意味が無い 2014/8/31
資格があって喰えるのは、
もう昔のことで今では資格を持っていても、
集客・営業できなければ、
喰っていくことは出来ません。

マーケッターなら当然と言えば、
当然のことですが、
士業での集客術が細かに書かれているのが、
本書になります。

特にWEB集客に付いて
特化して書かれていますが、
ただ広告を出すとか、CMをするとか方法論ではなく、
どちらかといえばパーソナルブランディング。
ブランド作りに特化しています。

企業から個人になれば、
ブランド力は全然違います。
そのブランド力が無いわけですから、
それをどうやって構築したら良いのだろうか?
ということがマインドセットと一緒に
書かれているような感じでした。

なかなか勉強になります。
ただあくまで【WEB中心】ですので、
リアル集客の手段も知っておくと良いと思います。

例えば、下記のような商材と組み合わせて、
セミナー集客をして顧客を獲得するというのも
1つの手だと思います。
150分で売れる講師になるセミナー【集客・販売編】セミナービジネスで収入10倍! 毎回満席になる売れるセミナー講師のなり方とは? [DVD]
先生業でしたら勉強になる本だと思います。(自由人さん)




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
Web集客術に興味がある人に。

posted by macky at 22:35 | Comment(0) | 経営学 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: