TOP絵本 >だるまちゃんとてんぐちゃん

2018年02月18日

だるまちゃんとてんぐちゃん

だるまちゃんとてんぐちゃん
加古里子/著 (福音館書店) 1967年 
800円+税


【動機】
絵本を描きたいなと思って、試しに読んでみた。

ベストセラーというわけではないので、どこかで紹介されていたのかな?

1967年発行なので51年前の本。



【所感】
うーん、どうなんだろう。

じっくり読んだけど5分で読めたのでよかった。


描いているのが女性かと思ったら、男性だった。
本名は、中島哲さん。


91歳かこさとしさん、衆院選に注目「市民の力あるか」
https://www.asahi.com/articles/ASKB555GKKB5ULOB00X.html

 大人の言いなりでなく、子どもが特性を生かし、自ら賢く道を切り開いてほしいと励ます思いを込めた「だるまちゃんシリーズ」は今年、刊行開始50年。これまで8冊が刊行された。来年1月10日には4年ぶりに新刊が3冊同時に出る。


新刊が出たようだ。

91歳で現役。すばらしい。



【概要】
だるまちゃんは友だちのてんぐちゃんの持っているものを何でも欲しがります。てんぐのうちわや素敵な履物、なんとしまいには鼻まで。お父さんのだるまどんは思いつく限りの物を集めてきますが、だるまちゃんのお気に入りはいつも意外なところに……。だるまちゃんとだるまどんはどんなアイデアを思いついたでしょう?ユーモアあふれる物語と楽しいものづくしの絵本。全8作、大人気「だるまちゃん」シリーズの第一作です。(Amazonより)


だるまちゃんとてんぐちゃん
加古 里子
福音館書店
売り上げランキング: 5,986




【抜粋】





【アクションプラン】




【Amazonレビューより】
子供の時から 2015年12月6日
子供の時から好きだったのですが、大人になってから読んで改めて好きになりました。ないものねだりのだるまちゃんに対して家族が優しく対応しているところや、色々と工夫して同じようなものを身に着けるだるまちゃん、満足そうなだるまちゃんと一緒に喜ぶてんぐちゃん。みんなが暖かくてほのぼのしてて、すごくほほえましい。息子も気に入ってくれて何度も読んでと持ってきます。(だるまちゃんさん)

☆こんなのどこがおもしろいんだろうと思うけど、
子どもにはウケがいいようだ。





【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学校初級むき
(裏表紙より)

 
posted by macky at 18:42 | Comment(0) | 絵本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: