TOP経営学 >まんがで身につくファイナンス

2018年05月28日

まんがで身につくファイナンス

まんがで身につくファイナンス
石野雄一、石野人衣/著 (ダイヤモンド社) 2017年
1,500円+税


【動機】
ファイナンスについて勉強しようと思い手に取った。
 


【所感】
当たり前のことを難しく言ってる気がする。

難しいと思っても、何度か読んでいると、なんだ当たり前のことじゃん!となる。



【概要】
著者累計15万部突破!
ファイナンス本のベストセラー著者が、今まででいちばんわかりやすく書きました!
知識ゼロからMBAの必修科目がわかっちゃう!

世界一わかりやすいファイナンス入門!

◎そもそもファイナンスって何なの?
◎利益とキャッシュの違いって?
◎今の100万円と3年後の100万円では、どちらの価値が高い?
◎割引率と期待収益率は同じもの?
◎WACCとは? NPVとは? IRRとは?
◎作れば作るほど利益は出るの?
◎ハイリスク・ハイリターンの本当の意味とは?

ファイナンスの基本と実践での活用のコツを、まんがでこれ以上ないほどわかりやすく解説した入門書の決定版!

【本書の内容】
はじめに
第1章 このままでは黒字倒産する!
第2章 企業価値経営へ舵を切れ
第3章 キャッシュをどう生み出すのか?(前篇)
第4章 キャッシュをどう生み出すのか?(後編)
第5章 戦いの始まり
第6章 攻めの投資の判断基準
第7章 負債をどこまで返済するか?

[著者] 石野雄一(いしの・ゆういち)

株式会社オントラック 代表取締役社長
ビジネス・ブレークスルー大学 非常勤講師

1991年3月上智大学理工学部卒業後、旧三菱銀行に入行し、9年間勤務した後退職。
2002年5月米国インディアナ大学ケリースクール・オブ・ビジネス(MBA課程)修了。
帰国後、日産自動車株式会社入社。財務部にてキャッシュマネジメント、リスクマネジメント業務を担当。2007年2月より旧ブーズ・アレン・ハミルトンにて企業戦略立案、実行支援等に携わる。2009年5月同社を退職後、コンサルティング会社である株式会社オントラックを設立、現在に至る。企業の投資判断基準、撤退ルールの策定支援コンサルティング、財務モデリングの構築、トレーニングを実施している。
著書に『道具としてのファイナンス』(日本実業出版社)、『ざっくり分かるファイナンス』(光文社新書)がある。

[作画]
石野人衣(いしの・とい)

漫画家。書籍や広告漫画を主に担当している。 主な実績は『マンガでわかる虚数・複素数』(オーム社)、『マンガでわかる! 孫子式戦略思考』(宝島社)など。(Amazonより)


まんがで身につくファイナンス
石野 雄一 石野 人衣
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 24,974




【抜粋】
●税務署の本音は、「1年目から利益が出ないと税金が取れないじゃないか」ということです。(p.99)

☆減価償却って税務署が税金を取るためにやってたのか。



●資金の回収と支払いのタイムラグを埋めるためのキャッシュが運転資金です。(p.101)

☆なるほど、運転資金というのは、そういうことなのか。

だから運転資金が無くなると黒字倒産するのか。



●あなたがある企業に100万円を出資するとします。この企業のリスクから考えて、あなたは最低でも自分の出資したお金を1年後には110万円にして欲しいと考えるとしましょう(ことのとき、あなたの要求収益率は10%です)。
 ところが、あなたの意に反して、その企業経営者はあなたの要求(期待)に応えてくれる様子はありません。
 あなたは、その企業と同程度のリスクで、その企業以上の収益率を上げることの出来る企業を探し投資しようとするはずです。
 つまり、株を売り始めるということです。
 こうして、株主の要求収益率に経営者が応えられなかったとき、株価の下落という形で顕在化するのです。(p.218)

☆株は美人投票。

期待に応えてくれるまで気長に待つよ〜って思っても、みんながそう思わなければ、株価は下がってしまう。






【アクションプラン】




【Amazonレビューより】




【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:



 
posted by macky at 23:56 | Comment(0) | 経営学 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: