TOP読書術 >戦略読書

2018年12月21日

戦略読書

戦略読書
三谷宏治/著 (ダイヤモンド社) 2015年
1,800円+税


【動機】
タイトルに惹かれて読んでみた。



【所感】
読書ポートフォリオという発想がおもしろい。

おすすめ本がたくさん紹介されているがあまり興味を惹くものがなかった。

人と同じことを言ってるのがイヤというのにそんなに共感できなかった。

ただ、私たちは読んだ本でできている、何を読むかによって人生は変わるというところは全くその通りだと思った。

手当たり次第に読むのではなく、何を読むかが大事。もっと戦略的に読んでみよう。




【概要】
私たちは読んだ本でできている―。ビジネス、SF、科学、歴史、マンガ、心理、哲学…他「何を」「いつ」「どう」読むかを戦略的に変えてコモディティ化しない自分をつくる「読み方」大全。(「BOOK」データベースより)


戦略読書
戦略読書
posted with amazlet at 18.12.21
三谷 宏治
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 43,594




【抜粋】
●『華栄の丘』 宮城谷昌光で1冊読むならこれ。名宰相華元の奇跡。(p.67)

☆読んでみたい。



●1冊の本から、新しく自分の身につけられる習慣やスキルなど、せいぜいひとつか2つでしょう。

 斜め読みして、「心に残るひとつ」を選びましょう。(p.130)

☆「7つの習慣」はむしろ斜め読みする本というのがおもしろい。



●そのフレームワークを何度も使って自分の「技」にしなくてはなりません。
 だからやっぱり「ひとつだけ」です。自分の役に立ちそうな、たったひとつを選ぶのです。(p.131)

☆フレームワークは全てをマスターしようと思ってたけど、
自分に合うものを一つ身に付ければいいそうだ。
たしかに、100個知ってるより1個使いこなす方が役に立ちそう。



●この時期、私のキャリアに大きな影響を与えた本がありました。ビジネス書で一冊挙げろと言われたら、これだと答えるでしょう。
 三枝匡の 『戦略プロフェッショナル』 が、その一冊です。BCGの大先輩が描く「シェア逆転の企業変革ドラマ」における「戦略参謀の能力と決断」は本当に格好良く、ビジョンのない私に「こうありたい!」と初めて思わせた本でした。(p.182)

☆読んでみたい。



●わが家では冷蔵庫が買い替え時期でもあったので、ちょっと調べてみました。すると、07年頃に技術革新があって、同じ容量なら冷蔵庫の消費電力は昔のものに比べて、なんと6割も少ないということがわかりました。(p.219)

☆冷蔵庫を買うなら、07年製以降のものを買おう。

しかも冷蔵庫の家庭に占める割合はエアコンに次いで2番目くらいだそうなので、冷蔵庫を買い替えると電気代がグッと安くなるかも。



●私が必ず最初に読むのは、(あれば)序章です。そこにすべてが凝縮されているからです。
 レヴィットとダブナーの 『ヤバい経済学 [増補改訂版]』 で見てみましょう。
 序章は「あらゆるものの裏側」と銘打たれ、その後の6章を見事に要約しています。(p.242)

☆タイトルがイマイチなので読もうとは思わなかったけど、いい本なら試しに読んでみようかな。

とりあえず、序章を読むだけでも自分に合う本かどうかわかるらしいので、たくさんの本を序章だけ読んで判断しよう。



●CDからPCでMP3化してホームサーバーに保管。これを家中で再生できるようにしてある。書斎のPC音楽ソフトでは出力プラグインに WASAPI を利用し、USB オーディオプロセッサを介してアンプにつなげている。(p.248)

☆具体的にはどうやればいいのか、時間のある時に WASAPI について調べてみよう。





【アクションプラン】
・フレームワークを一つ自分に合うものを身に付ける。

・『華栄の丘』 を読む。

・『戦略プロフェッショナル』 を読む。

・『ヤバい経済学 [増補改訂版]』 を読んでみる。

・ときめかない本はどんどん処分していこう。(本棚の椅子取りゲームのイメージ)。
合わないと思う本を読み続ける時間の方がもったいない。その時間をもっと自分にとって必要だと思われる本を読む時間に割り当てよう。

・たくさんの本を序章だけ読んで判断してみる。

・WASAPI について調べてみよう。ひょっとしたら今あるコンポやCDが丸ごといらなくなるかも。




【Amazonレビューより】
全部読んでみたけど、特に共感するような意見はなかった。




【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:

普通、新しいことを始めるとき、関連する本を1、2冊は読むと思うけど、
100冊も読まないといけないとわかっただけでも、この本を読んだ価値はあった。

そしてその配分をどうするかというのが、この本「戦略読書」のメインである。

 
posted by macky at 20:00 | Comment(0) | 読書術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: