TOP -経済小説 >堺屋太一の「平成三十年」を平成三十一年に読む 『平成三十年』

2019年04月26日

堺屋太一の「平成三十年」を平成三十一年に読む 『平成三十年』

平成三十年
堺屋太一/著 (朝日新聞社) 2002年
1,600円+税


【動機】
平成が終わるのでその前に 『平成30年』 という本を読もう。

平成31年の今読めば当たってるか検証できるかも。




【概要】
「当たったこともあれば、外れたこともある。だが、時代の雰囲気は見事なまでに当たった」
―― 堺屋太一

堺屋太一さん【追悼】 重版を決めました! !

1997年からの約1年間、『朝日新聞』に連載された近未来小説。
20年以上も前、平成9年の地点から 平成三十年の日本を予測して書かれました。

もちろん、細かい数字など、当たっていない項目も多いのですが、
堺屋さんの言葉通り、時代の雰囲気はおそろしいほどに当たっています。
堺屋さんの『先見の明』はやっぱりすごかった!


【内容】
(上) 何もしなかった日本
1ドル=300円、ガソリン代1リットル1000円、消費税は20%へ―。
平成30年(2018)の日本はまだ何も“改革"できないでいた!
インフレと不況、少子高齢化と高失業、国際収支の大幅赤字が加速する日本の窮状を救う道はあるのか?“警告と提言"の大ベストセラー

(下) 天下分け目の「改革合戦」
日本改革会議が結成され、国家再生への端緒が開かれる。
産業情報省大臣・織田信介は、官房長の明智三郎、企画課長の木下和夫らとともに、国を二分する改革合戦に打って出るが。
日本は先端国として甦ることができるのか? 緻密な予測で描く近未来巨篇、堂々の完結。(Amazonより)


平成三十年 (上) (朝日文庫)
堺屋 太一
朝日新聞社
売り上げランキング: 3,242





【抜粋】
●20年前に比べて消費者物価が約三倍になっているのだから、木下の給与は21世紀はじめの手取り年収800万円、月給40万円強にしか当たらない。その上に、消費税が12%、燃料税、酒たばこ税、自動車税など、お金を使うたびにかかる税金がある。(p.10)

☆20年前に比べて消費者物価が約三倍。もうこの前提から違っている。3倍どころか、むしろデフレで下がっている。基本的な前提が思いっきり外れているので、忙しい時間を割いてまでもうこれ以上読む必要もないだろう。





【アクションプラン】




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 日本の将来を真剣に考えさせられる。 2003年2月21日
平成30年に私は44歳。この本の主人公である木下氏とほぼ同じ年代で、いわゆる団塊ジュニア世代です。それだからこそ15年後の日本の状況がどのようになっているのかに興味があります。少子高齢化という必ず訪れる現実にどのように対応していくのか?規制の緩和はどこまで進んでいるのか?など興味は尽きませんが、この本ではこれらの疑問に対する答えを漏れなく用意しています。平成30年ではなく来年にでもこれらの規制緩和を行ってほしいと切に感じました。(平和さん)





【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
パラレルワールドのフィクションとして、暇なときに読む。
(平成30年は外れたけど、さらに10年後はどうか? 可能性がゼロではない。その時は著者の先見力が先に行き過ぎたという事で評価を改める必要がありそうだ)

どっちにしても、「平成30年」というタイトルだからと言って、急いで読まないといけない本でもなさそうだ。


 
【 -経済小説の最新記事】
posted by macky at 20:05 | Comment(0) |  -経済小説 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: