TOP健康 >自己愛性パーソナリティ障害

2019年05月17日

自己愛性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害 正しい理解と治療法 (心のお医者さんに聞いてみよう)
市橋秀夫/著 (大和出版) 2015年
1,300円+税


【動機】
とあるネットサイトでユーザー同士でケンカしていた。

そのときに一方が相手のことを「自己愛性パーソナリティ」と言ってたので興味を持った。




【所感】
読んでみると、「自己愛性パーソナリティ」と言っていた方が「自己愛性パーソナリティ障害」っぽいと感じた。




【概要】
敏感すぎる。傷つきやすい。自分を好きになれない。日々つきまとう「生きづらさ」はどこからくるのか?今、増加の一途をたどる、この「自尊心の病」の特徴・しくみと対応法がよくわかる本。“ありのままの自分”を見つける「気づきのレッスン」収録。(「BOOK」データベースより)






【抜粋】
●中島敦の 『山月記』 をご存知でしょうか。 (中略) じつは患者さんが「あの虎の姿こそ、私自身なのです」と、教えてくれたことがあります。 (中略) 彼の心に棲むのは「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」という猛獣。それを制御できず「飼い太らせて」しまった結果、ついには、外形までが、心と同じ虎の姿にかわっていたという話です。(p.22)

☆主人公の李徴は自身の才能を否定されて自尊心が傷つくのを恐れ、努力して才能を磨こうともせず、人付き合いも避けるようになって最終的は虎になってしまった。
山月記の虎にならないように気を付けよう。



●「思い描く自分」は、人生が順調なときは、自信満々で傲慢、周囲の人を凡人だと見下しています。(p.29)

☆「自己愛性パーソナリティ障害」の人は他人を見下す傾向にあるようだ。そういえば、高校の時の友人の中に、いつも人を見下していて結局孤立してしまった人がいた。彼も「自己愛性パーソナリティ障害」だったのかもしれない。

某ネットサイトの人も、自分が世直ししている英雄になっているつもりになっていたが、実際はみんなから迷惑がられていた。




●自己愛性パーソナリティ障害は、自己を愛する病ではなく正常な自己愛が獲得できなかったための「自分を愛せない病」なのです。(p.31)

☆なんとも紛らわしい名前だ。イメージと全く逆である。
自分を愛せないから、人を愛することもできないようだ。

理想の自分とできない自分ばかり育ちすぎて、等身大の自分がいないのがこの障害の特徴。



●自己愛性パーソナリティ障害の人は、空想だとわかりつつ、自分は特別な存在なので、「いつか実現する」と、漠然と思っているのです。 (中略) 多くはそれに見合う努力もせず、空想のなかで理想の自分像を持ち続けます。(p.38)

☆漠然と思っているだけで努力しない人。一瞬、自分にも当てはまるかもと思ったけど、自分の場合は、最終的にできないのが怖くてやらないのではなく、単純に時間が無いから。時間の使い方の問題。没頭する時間さえあれば、何でもできると思っているからこのケースとは違う。コツコツ努力することは大事だとは思っていてもなかなか時間が取れなくてできない。「自己愛性パーソナリティ障害」の人はコツコツ努力すること自体が無駄だと思っているそうだ。そして心の底では実現するはずがないって思っているそうだ。ここも違う。

どっちにしても、漠然と思っているだけで努力しない人は成功しないのは間違いないので、やらなくていいことをできるだけ削って時間を作ってがんばろう。
このブログも最近では時間の無駄なのではと思い始めた。後から振り返って得ることがたくさんあったり、書いててよかったと思う事が多いのも事実だけど。もうちょっと短時間で書けるようにしたい。




●けれども、山登りはそうではありません。山登りは、登っているあいだのプロセスが楽しいのです。(p.71)

☆なるほど、売れなければ意味がないのではなく、売れるまでのプロセスが楽しいのかも。いろいろ試行錯誤したりして。




【アクションプラン】
・漠然と思っているだけで努力しない人は成功しないのは間違いないので、やらなくていいことをできるだけ削って時間を作ってがんばろう。




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 良書です。 2019年2月17日
近くに『自己愛性パーソナリティ障害』と思われる人が何人かいて、その人たちから攻撃を受けたので
読んでみました。その人たちは実際に精神科を受診して治療したわけではないですが、
実際のその人たちの行動と照らし合わせてみると、この本に書いてあることによく当てはまりました。
ただ、『自己愛性パーソナリティ障害』ということを恨むのではなく、
この本に書いてあることを読み、自分を見つめ直すことで
私自身もこれから被害を受けず、この先生きていける気がします。
色々な人がこの社会にいるということを知る観点でも良い本です。(TsuyoCさん)





【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
「自己愛性パーソナリティ」についてざっくり知りたいときに。



 
posted by macky at 21:00 | Comment(0) | 健康 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: