TOP経済学 >スティグリッツ 入門経済学 第2版

2019年06月19日

スティグリッツ 入門経済学 第2版

スティグリッツ 入門経済学
スティグリッツ/著 (東洋経済新報社) 1999年 (読んだのは第2版、最新版は第4版)
3,300円+税


【動機】
経済学の教科書として。



【所感】
2016年11月7日から少しずつ読んで、2年以上かかってやっと読み終えた。




【概要】
世界的に経済入門書の決定版として定評を確立した原著の第2版。日本の読者のために4章分が追加執筆され内容充実。問題の解答、要約などをインターネットで公開。(Amazonより)


世界的に経済入門書の決定版として定評を確立した原著の第2版。日本の読者のために4章分を追加執筆
学問としての経済学が現実の経済状況をうまく説明できないという「経済学の無力化」がいわれて久しいが,「グローバル資本主義の危機」といわれる経済の混迷状況で,近代経済学に対する疑問はますます深まっているようにみえる。そのなかで,本書は経済学の進歩と世界経済の大きな変化を踏まえ,近代経済学の原理をやさしく解説する経済学入門の教科書だ。

米プリンストン大やスタンフォード大での初心者に対する経済学の授業内容をベースにし,「ポール・サムエルソンが半世紀以上前に執筆した『経済学』以来の教科書決定版」との名声を得た初版から5年弱後の97年に刊行されたこの第2版は,90年代の米国経済の復調と日本のバブル経済の崩壊,アジアの高成長とその失速などの経済問題と,それに対応するための政策にも言及する。著者は米スタンフォード大教授だが,クリントン政権発足と同時に大統領経済諮問委(CEA)委員となり,同委員長から世銀の上級副総裁兼チーフエコノミストも務めた。 (ブックレビュー社)
(Copyrightc2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社







【抜粋】
●日本の1998年の景気後退を引き起こした一つの要因は、1997年の消費税の引き上げにあった。(p.395)

☆平成不況と言われて久しいが、その不況の原因がはっきりと書かれていた。

1997年の消費税の引き上げである。

橋本龍太郎首相の名は不況を招いた首相として永遠に残るであろう。




●消費税を一時的に減税したならば、それはあたかも消費財の一時的なバーゲンセールのようなものである。(p.398)

☆消費税の唯一のメリットとしてはこれが挙げられる。

景気が悪化するのが明白なので消費税増税には反対だったが、これを読んでそういう面もあるのかと納得した。

つまり、消費税を10%に上げておけば、

もし今後景気が悪くなった時に、いついつまで消費税を0%にしますよと言えば、

一時的に景気を刺激することが出来るのである。


財源とか何に使うかとかは実際はどうでもよくて(うすうすみんな気づいているがどこから持ってきてもお金はお金なので)、

このバーゲンセールをいつでも自在に行えるようになるメリットが大きい。



やっぱりこういう本質的なことは

日本人の経済学者だといろんなところに忖度してなかなか言えないものだ。




【アクションプラン】
・問題の解答、要約などをインターネットで公開しているそうなので、見てみよう。

・続いて、ミクロ経済学に入ろう。



【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 ノーベル賞受賞学者が贈る最良の経済解説 2005年2月25日
経済学に限った事ではないのだが、一般に大学の教科書は日本の著者よりも米国の先生の書いたものが、明快でわかり易い。これは米国では教授職が常に、研究と教育の成果を評価されて、成果がなければ解雇という市場原理が働いている事と、1つの事柄を体系だって文章で説明する能力の差異があるからと思われる。
本書は世界銀行副総裁、クリントン政権の経済諮問委員を歴任し、ノーベル賞受賞の理論と実務で最高峰の経済学者スティグリッツ氏による、経済学の入門の教科書である。文章は平易、明快で用語の説明だけに始終せず、経済学を学ぶという事の意味が思想として伝わってくる名著である。
レビュアーは一般読者として読んだ。500ページの大書であるが、一般書と変わりなく、かつ大きな知的充実感の得る事ができた。
次のような方々にぜひ一読をお薦めしたい。
高校生:経済学部を選ぼうか悩んでいる
経済学部生:受験塾の講義はよく理解できたが、大学の授業はわかりにくい、 教科書が悪いのか、自分の能力のせいか疑問に思っている。
職活の学生さん:経済専攻ではないが希望する会社にはいるため、スキルアップをしておきたい
サラリーマン:これまで実務の担当とマネージメントだけやっていれば良かったが、事業拡大とか売上げを伸ばす事を考えなくてはならなくなった。ビジネス書を読んでいるが、参考になるものが少ない。
本書は教科書であるが、新書として、広く、一般読者向けに出版を望みたい。(kaz0775さん)





【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
経済学を初歩から学びたいときに。


posted by macky at 19:05 | Comment(0) | 経済学 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: