TOP実用書・ハウツー本 >電卓操作入門

2019年07月09日

電卓操作入門

簿記合格のための電卓操作入門
葵税理士法人/監修 (日本能率協会マネジメントセンター) 20014年
1,200円+税


【動機】
電卓の使い方をマスターしたら日常生活で便利かも。



【概要】
簿記試験では単純な計算ミスが大敵。合否のボーダーラインで落ちないためには、電卓の基本操作を確実にマスターし、単純なミスを減らすことが必要である。本書では、簿記に必要な基本機能やメモリーなどの使い方をはじめとして、シンプルでわかりやすい解説によって電卓操作を短期間でマスターできるように解説している。(「BOOK」データベースより)





簿記合格のためのって書いてあるから、電卓の基本的な使い方というよりは、

電卓を使って簿記に必要な数字の出し方に重きを置いている。




【抜粋】





【所感】
手持ちの電卓とはだいぶ違っていたので、自分の電卓ならどうすればいいかというのを書き込みながら読んだ。

「GT」というのがよく出てくるが、手持ちの電卓には無くて残念だった。(iPhoneの電卓にも無い)



複利計算のやり方が分かった。

^:「Xのy乗」を使う


例)100万円を5%で4年間運用すると、

100万×(1+0.05)^4=1,215,506.25円


例)5万円を3年後に8万円にするには、年何%で複利運用すればいいか

(8万/5万)^(1/3)-1=0.17

(つまり、約17%の利回りが必要!)



応用すれば、競馬にも使える。
200円を3倍で5回転がすと

200×3^5=48,600円



X回でa円をb円にしたいときは、y倍以上に賭ければいい。

(b/a)^(1/X)=y倍



例)3回で200円を3,000円にしたい。

(3,000/200)^(1/3)=2.46倍






【アクションプラン】
・複利計算の仕方は見なくても打てるように完全にマスターしておきたい。

・電卓の説明書を見ながら知らないキーをもっとマスターしたい。

・iPhoneの電卓ももっと使いこなしたい。

・第2章以降は読み飛ばしたので、簿記をやるときにでもじっくり読もう。




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち3.0 右手打ちの人におすすめ 2007年8月5日
この本により電卓を打つスピードと正確性が大幅にアップする。ただし、本書では電卓を右手で打つことが前提になっているので、税理士試験、日商簿記検定試験受験生に多い電卓を左手で打つ人には左右どちらでも打てる堀川洋さんの本の方が良い。(daahoud)



【この本が愛読書の有名人】




【関連ブログ】




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
電卓の基本操作を身に付けたいときに。


posted by macky at 23:00 | Comment(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: