TOP -中国古典 >野村の実践論語

2019年08月15日

野村の実践論語

野村の実践論語
野村克也/著 (小学館) 2010年
1,400円+税


【動機】
斎藤先生の本(「読書する人だけがたどり着ける場所」)を読んで、論語が大事だと思ったので。読みかけだったこの本を一気に読んでしまった。



【所感】
論語とあまりリンクしてない気がした。

ノムさんの他の著書に比べたらそんなにおもしろくない。





【概要】
野村監督の名言を論語と重ね読む、人生の指南書

野村語録とも称されるように、野球の現場で、あるいは解説の場で、講演先で、野村監督は多数の名言を残してきました。含蓄あるその言葉の数々はもちろん自らの体験に基づくものですが、昨今ブームとなっている論語と重ね合わせてみると、その「教え」の根底にあるものが驚くほど似ていることに気づきます。人間として生きる道、あるいはリーダーとしてどうあるべきか、礼節を知り、徳を磨くにはどうすべきか、そして強い組織をつくるにはどうあるべきか--時空を超えて、それらを考え抜いた両者の言葉を比較するこの本は、野球ファンだけでなく、論語愛読者にも新鮮で興味深く読める、人生の指南書ともいえる一冊です。(Amazonより)


これまで個別に語られることの多かった著者の「哲学」が本書で見事に統一された。これ一書を以てすれば、その「名言ともいえる言葉」の数々が、かの『論語』と響き合って、かくも現代に生きる者の胸を打つ―。(「BOOK」データベースより)


文庫本もあり。







【抜粋】
●私は 『五輪書』 を読んで思った。これはまさに野球という勝負の世界で生きる者にとって、欠かせない資質である。投げて、打って、走るという単純な対象だけを見る自分と、その裏側にある味方や敵の心理、欲得を観るもうひとりの自分。つまり主体と客体を同時に得て初めて、選手としてステップアップするきっかけをつかめるということを教えてくれる。先人が残した教えのなかには、現代社会でも十分に活かせるものが数多い。それを学べるのが読書である。(p.127)

☆『五輪書』 早く読みたい。



●私は、長い監督生活を送る中で、人生という二文字から次の4つの言葉を連想するようになった。
「人として生まれる」(運命)
「人として生きる」(責任と使命)
「人を生かす」(仕事、チーム力)
「人を生む」(繁栄、育成、継続)

 そのうち最初の「人として生まれる」という事は、運命そのものだからさておくとして、残りの3項目は「組織」「チーム」の先頭に立つリーダーが、指導することで部下たちに気づかせ、涵養していけるものだ。(p.208)

☆人として生まれ、生き、生かし、生むのが人生。



●私は吉井に「球種をひとつ覚えなさい。それも今の持ち球とペアになる球を持ちなさい」と変化球を1つ増やすことを勧めた。そしてシュートを覚えたことでスライダーとワンペアができた。次に彼はフォークを投げ始めた。それとストレートと組んでツーペア目ができた。シュートは右打者に内角を意識づけることから、外角の有効性が増すことになる。さらに、私は「少しでもその球が効力を増すような投げ方を考えなさい」とアドバイスした。打者によってプレートを踏む位置を変える。左投手が左打者に対する時は当然プレートの一塁寄りを踏んだ方が打者は嫌なものだ。
 その吉井はヤクルトに入って先発として活躍したばかりか、3年連続2桁勝利を上げ、優勝に貢献することとなったし、40代になるまで活躍した。こうした指導は吉井に限ったことではなかった。(p.214)

☆ワンペア、ツーペアと得意なことを増やしていく発想が面白い。





【アクションプラン】
・『五輪書』 早く読みたい。

・渋沢栄一 『論語と算盤』 も読みかけなので、これを機に読んでしまいたい。




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 まさに野村の実践論 2017年11月9日
「菜根譚」は読みごたえがありました。「論語」は少し無理な引用という印象がありましたが、読むに値する書です。野村克也は余りに過小評価されていると思えます。マスコミも野球界ももっと彼を大事にして欲しいものです。この人は名前や実績だけはないと思います。(Hiroki Ochiさん)

☆たしかに、ノムさんのボヤキ一つひとつが含蓄のある言葉といえる。


・5つ星のうち1.0 論語の書は成功者の使う視点でない方が面白いのです。 2018年12月18日
実戦と論語をくっつけているどんな書も同じです。古くは渋沢の論語と算盤の類いです。論語はそれほど正義の教訓書ではありません。もっと逃げ、責任転嫁、二枚舌の行動書です。私も書いていますが私のものは危機管理を論語をくっつけています。(NAME_NOT_RETURNEDさん)

☆なんか意味深なレビュー。




【この本が愛読書の有名人】





【関連ブログ】
社長ブログ - 【渡辺の本棚】 野村の実践「論語」 社長渡辺があれこれ語ります。
http://wizco.jp/president/2011/06/post-712.html




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
論語を読んでもっと知りたい、実践したいと思った時に。


posted by macky at 16:52 | Comment(0) |  -中国古典 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: