TOP株・投資 >プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?――その投資法と思想の本質

2019年10月30日

プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?――その投資法と思想の本質

プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?――その投資法と思想の本質
冨田和成/著 (ダイヤモンド社) 2017年
1,500円+税



【動機】
鬼速PDCA』 を読んで興味を持った。



【所感】
今まで知らなかった世界を覗ける。



【概要】
誰にでもできる世界最高の投資の「正解」。今明かされる「1億円の壁」の向こう側。プライベートバンクが富裕層に提供する金融商品と、その代替策までを具体的に解説した投資入門書の新たな決定版!(「BOOK」データベースより)




【抜粋】
●株を持っている方ならご存知でしょうが、株の配当収入は一律約20%の「配当課税」が課せられるケースが一般的です。しかし日本の税制では、「上場企業の株の3%以上保有している個人」の場合、その配当収入は「総所得」として総合課税の対象となり、合算されてしまいます。
 すなわち、配当で得られる利益が配当課税ではなく所得税の対象となるので、自社株保有率の高い起業家で、仮に年収が4000万円を超えると、所得税は最高税率になり、住民税と合わせて55%が課せられることになります。
 20%と55%。とんでもなく大きな差です。
 これを解決する手段として、プライベートバンクが顧客に提案している手法が、オーナー社長やその他の大株主が所有する3%以上の株を資産管理会社に移譲してしまう方法なのです。もしオーナー社長が資産管理会社を持っていないなら、その設立支援も行います。
 資産管理会社はあくまでも法人ですので、配当収入は「営業外収益」扱いとなり、所得税ではなく法人税の対象になります。(p.84-85)

☆資産管理会社を使うことで税金対策となる。



●最近では、IPOやバイアウト(自分の会社を大手企業に買ってもらうこと)で成功した富裕層が、手にしたお金は若いベンチャー企業たちに循環させる、いわゆるエンジェル投資家も増えています。
 こうした富裕層は、仮に金融商品の知識が乏しくても、事業の良し悪しを見抜く目を持っています。だとすればそれを使って、社会に貢献しつつ投資をしていきたい、と考えるのも自然です。
 ベンチャーへの投資は、ゼロに終わる可能性の高いリスキーなものです。でもシードラウンド(初期段階)で出資した会社が1社でも上場すれば、保有する株が数百倍、数千倍に化け、しかも社会に大きなインパクト与える可能性も秘めています。そこから得られるロマンや高揚感は、プライベートバンクへの投資では得ることができません。(p.102)

☆ベンチャーキャピタル(エンジェル投資)をやりたいと思ってたけどそのためにはまず会社を作ってバイアウトしないといけない。





【アクションプラン】
・お金持ちのマインドを身に付ける。成功者の本を読む。



【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 プライベートバンキングを希望している人向け 2017年11月15日
プライベートバンクの実態について興味があって読んでみた。
資産1億円以上の富裕層が対象だが、1億円くらいで富裕層気分で何かいいことでもあるかとノコノコ行っても、いいカモにされるだけだろう。

元々相続で富裕層になったわけでなくても、特に自営業であれば、真面目に本業で努力してたら、いつの日か貯蓄性預金、公的年金、年金保険、国民年金基金、小規模企業共済(退職金積立て)、役員退職金保険等で純金融資産1億円を作ることははそれほど高いハードルではないと思う。また上記の貯蓄性預金以外は月々の掛け金が経費扱いとなり、当期利益を圧縮出来るので着実に「1億円への道」を歩める。

ゴールを決めて努力すれば、お付き合いしている税理士さんでも充分節税対策の相談に乗ってくれるので達成しやすい。
本業に関する決算に関心があればP/LやB/Sの読み方も自然と備わる。

ただし多くの自営業者はゴールを持たずに、一生食いっぱぐれはないと思ってのんべんだらりと仕事したり、資金を回すことが最終的なゴールになってしまい、夜逃げ、倒産に至るケースもよく聞く話だ。
この国の税制度の下では下手に資産運用するより、節税を上手に行う方が得であるという著者の意見には賛成する。

成功する自然流の富裕層って自分が富裕層であるという意識は薄いと思う。
米国でベストセラーになったトーマス・J・スタンリー著書「となりの億万長者」の方が、富裕層の実態を捉えていると思うよ。

わたしにはプライベートバンキングは必要ないと思った。それより日本経済の行方や円の通貨価値下落によりせっかくの1億円がみすぼらしい数字になる近い将来について、自ら備えるべきだろう。(seasideoyajiさん)


☆金持ちと貧しい人では考え方がそもそも違う。
例えば保険でも、貧しい人は将来に備えて今苦しい中からなけなしの金を削って保険に回してさらに苦しんでるけど、
金持ちは、一杯稼いでるから少しでも経費として浮かすために保険に回している。

システムがおかしいって嘆いても仕方がないので、
金持ちの考え方を少しでも身に付けていこう。

そうしないと、一生をかけて取り組んだ仕事が
実は金持ちがほんの小金を使って1日でできる仕事だったと後で分かるのはむなしい。




【関連ブログ紹介】




【この本が愛読書の有名人】






【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
プライベートバンクの投資法を学びたいときに。


posted by macky at 20:00 | Comment(0) | 株・投資 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: