2018年11月11日

成りあがり

成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
矢沢永吉/著 (角川書店) 1980年 (単行本は1978年)
500円+税


【動機】
矢沢永吉さんのステッカーを貼っている車をよく見かける。

それも特に年配の方に多い。

なぜこんなに人気があるのか迫ってみたい。



【所感】
音楽に対する熱い気持ちが伝わってくる。




【概要】
広島から夜汽車に乗って上京した少年。ポケットにはアルバイトで貯めた5万円しかなかったが、胸には熱く燃える大きな固まりがあった。「おれは音楽をやる、星になる!」。その少年はいま、願いどおり星になった。星の中の星、スーパースターに。だがここにあるのは、うつろな星のささやきではない。くやしさも、みじめさも、すべて吐きだし、泣いている、笑っている、叫んでいる。この一冊はそのまま矢沢永吉の歌なのだ。(「BOOK」データベースより)


矢沢永吉さんが29歳の時に書いた本。


成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
矢沢 永吉
角川書店
売り上げランキング: 3,669




【抜粋】
●そのうち恋をしてカミさんをもらい、オレも恋をしてカミさんをもらう。子供ができて、オレにも子供ができた。
 さあ、その時、どっちの子どもが、どれだけ大きな家に住めるボクになれるか勝負しよう」(p.32)

☆どん底の貧乏を経験した人ってそんなことを考えているんだな。そりゃ勝てるわけがない。



●中学 ワルの時代
 メシ食えんけど そんなの知らないよ
 パンを盗めばいい 牛乳ガメて飲めばいい(p.34)

☆育ち盛りの時にまともなものを食べられなくてなぜ180センチもあるのかと不思議に思っていたら、盗んでいたから。目からうろこが落ちた。



●いまの文部省で教えてるような勉強、そういうものの優等生の連中は、どこに行くのが最も適しているか。国家公務員ですよ。そういう教え方しかしないんだもの、いまの学校は。大蔵省へ行けみたいなやつばっかり育ててる。
 大工になる。音楽家になる。レーサーになる。野球の選手になる。プロレスラー、ボクシング……これは、いまの文部省のカリキュラムでは教えてない科目なんだよ。(p.62)

☆大蔵省(今の財務省)に行けなければ、落ちこぼれ、つまりほとんどの人が落ちこぼれという教育だから今の日本はダメなんだろうな。



●十回ぐらい、リフレインで読んだよ。えらい気に入ってね。(p.64-65)

☆高校一年の時に、友達の姉が勤めていたキャバレーの社長の家に遊びに行ったときに社長から気に入られてもらった本。 『人を動かす



●人間て、食べること寝ることのつらさより、暗い明日のことを想像するつらさのほうが、大きいと思うんだ。(p.72)

☆今がつらくても、明日は希望がある、そうやって生きているとたしかに明るい。
明日をより良くするために、今日をがんばる。



●「あのドラム、うちのと取っ替えようか」(p.128)

☆笑える。




●ね、スティーブ・マックイーンが、なに、義理の父親に育てられて、ナイフを突きつけて……。
「たぶん、あの家庭環境から、彼の演技力が出てきた」これ。なにか?
 たぶん、親父と気が合わなかったのよ。簡単なこと言えば、不良、チンピラだっただけのこと。
 内容が伴って、はじめてそういうことが美化されるわけでしょう。普通の犯罪には変わりない。(p.253)

☆スティーブ・マックイーンの映画を観てみたい。
「大脱走」を観てみよう。






【アクションプラン】
・『人を動かす』 を10回読む。

・「大脱走」を観てみる。




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 モチベーション上がります。
2014年9月14日
矢沢永吉 28歳の時のインタビュー集を糸井重里が再構成した本。話し言葉になっていますが、それも本人がしゃべっているのを聞いているようで、リアルに感じます。なにより、昭和53年頃の本なのに、今でも「アツい」。読み終わると、自分も頑張るぞという気分にさせてくれます。出会って良かったと思える本の一つです。(Amazon Customerさん)

☆本人が書いたものではなく、インタビューをもとに編集された本のようだ。




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
高校くらいまでに読みたかった。課題図書にしたらいいのに。


 
posted by macky at 23:56 | Comment(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

学而時習之。不亦説乎。

このブログを見て読みたいと思った本を買って、読んで、またこのブログに戻ってきて自分が読んだ感想と見比べる。そしてまた別の本を買って・・・そういうエンドレスのサイクル。

ご自分の読書の起点にしている。

アクセス解析してみると、そういう方が多い。

ありがたい限りだ。

本を読んだ感想などをコメント欄に書いていただければ、お互いさらに理解が深まるだろう。

学びて時にこれを習う。

また悦ばしからずや。


 
タグ:論語
posted by macky at 23:25 | Comment(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

おやすみ、ロジャー

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本
カール=ヨハン・エリーン/著、三橋美穂/監訳 (飛鳥新社) 2015年 
1,296円+税


【動機】
テレビで紹介されていたような気がする。


【所感】
3/26から毎晩寝る前に読みながら寝た。

途中で、どうしても寝てしまい、全部読み終わるのに1週間くらいかかった。




【概要】
<<85万部突破>>
2016年 年間ベストセラー総合ランキング2位!(日販・トーハン調べ)

読むだけでお子さんがすぐ眠る!
子育ての常識を変えた「寝かしつけ」絵本です

◎「たった10分で子どもが眠る」とメディアでも続々特集!!
「王様のブランチ」(TBS系)、「世界一受けたい授業」「スッキリ! ! 」(日本テレビ系)
「ノンストップ! 」「めざましテレビ」「とくダネ! 」(フジテレビ系)
「サキどり」「あさイチ」(NHK)
日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞、産経新聞、毎日新聞など

木下優樹菜さんも大推薦
「読んでいるママも一緒に眠くなっちゃうくらい引き込まれる、寝かしつけの絵本です! 」

心理学・言語学研究者の著者が、「子どもがなぜ寝たくない気持ちになるのか」を徹底的に考慮。
自然に眠くなるよう「ここを強調して読み、ここであくびするように」などの細やかな指示が入っています。
従来のいわゆる「おやすみ絵本」とは違ったコンセプトで、理論にもとづきお子さんをリラックスさせます。



流すだけで寝かしつけ! 『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック ([CD+テキスト])
シリーズ第2弾『おやすみ、エレン 魔法のぐっすり絵本』も好評発売中! ! (Amazonより)


おやすみ、ロジャー  魔法のぐっすり絵本
カール=ヨハン・エリーン
飛鳥新社
売り上げランキング: 650






【アクションプラン】
・音声付きのがあれば聴いてみたい、と思ったらあった。

おやすみ、ロジャー 朗読CDブック ([CD+テキスト])

飛鳥新社
売り上げランキング: 8,718



動画もあった。

読むだけでお子さんがすぐ眠くなる、眠る! 『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』





・今度は毎日最初から読んでみよう。(今までは、前の日読んだ続きから読んでいた)
どこで眠くなるか、日によって違うのか。



【Amazonレビューより】
・3ページで寝ました! 2017/2/9
実は冗談半分で買いました。1歳2ヶ月でなかなかすんなり寝てくれなくなってきたので、試したところ、なんと3ページで寝てくれました!しかも、いつもならお気に入りのタオルに顔を埋めながら寝るのに、タオルから手を離して寝ました!びっくりです!これからもお世話になります☆(☆(*^^*)☆さん)



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
夜、眠れずに困ってる人や
子どもを寝かしつけたい人に。

この記事を書いてるうちに眠くなってきた。



【関連記事】
160527 「おやすみ、ロジャー(立読)



(170402 読了)
posted by macky at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

赤川次郎さんが中学3年でミステリー小説を手がけるようになったいきさつとは?

 赤川次郎さんの著作がついに600冊に達した。


 今も手書きなのにはわけがあるという。


 「文章にはリズムが大事。キーボードを使うと、勢いがそがれる。変換する間(ま)が、もどかしい」

と細字のサインペンを走らせる。


 三毛猫ホームズシリーズに「セーラー服と機関銃」……。

今月刊行した「幽霊協奏曲」で、著作はちょうど600冊に達した。



 原点は少年時代にある。

 父は外に別の家庭をつくり、自身は勉強も運動も好きではなかった。コンプレックスの塊のようだった子が、中学3年でミステリー小説を手がけるようになったのは「登場人物を動かしていると、現実を忘れられたから」と振り返る。


 書くことが好きで仕方がなくなり、サラリーマンになっても発表のあてもなく書き続けた。「オール読物推理小説新人賞」を得て30歳で専業作家に転身を果たした。


 60歳の頃まで400字詰め原稿用紙で月産600枚から700枚というハイペースを保った。それでも締め切りの合間を縫い、オペラや歌舞伎などに足を運び、得た心の栄養を作品世界の糧とした。一方で、エッセーや新聞投稿を通じて原発への疑問を投げかけるなど、社会への問題意識も鋭い。

 作家生活40年。10円玉がいる公衆電話から携帯電話へ。描く場面には世相がにじむが、やさしい言葉遣いに虚を突く展開で、読者をつかみ続ける。


「時代は変わっても活字でなければ伝えられないものがあります」




☆登場人物を動かす魅力に憑りつかれたようだ。

40年で600冊・・・すごいペース。

セーラー服と機関銃」の原作って赤川二郎さんだったのか。

渡瀬恒彦さんのご冥福をお祈りいたします。



参考: 赤川次郎さん、著作ついに600冊 今も手書きの理由
http://digital.asahi.com/articles/ASK3B75DHK3BUCVL024.html?rm=255
 
posted by macky at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

小保方さんの手記

先日のSMAP騒動に続いて、今日はSTAP騒動について。

小保方さんが手記を出版した。

STAP騒動のことを書いた手記。


読んでみたい!


あの日




ニュース番組とかを見てちょっと頭の中を整理してみた。


小保方さんはSTAP細胞を見つけるまで。

その後は若山さんがキメラマウスを作っていた。

つまり共同作業。



小保方さんも参加した検証実験でSTAP細胞が再現できなかったが、
あれは若山さんが参加を拒否していたからだという。


それならば当然成功するものも成功しないではないか。

というか、若山さんがそこまで重要な役割を担っていたとは知らなかった。

なぜ小保方さんばかりが叩かれていたのだろう?



若山さんはなぜ参加を拒否したのだろうか。


もし、STAP細胞が存在しないのならば、
若山さんだけがそれをわかっている(小保方さんにはできたと言ってだましている)

だから参加を拒否したのではないか。

という内容だった。


もう一歩突っ込んで、本当はSTAP細胞はできたけど
若山さんにどこからか圧力がかかって、できないことにしている、という可能性がある。


こうなると、若山さんは最後までダンマリを決め込むだろうから、

一番いいのは、この小保方さんの手記を読んで
もう一度小保方さんに研究をやらせたいというホワイトナイトが現れて
資金を援助することだ。


あるいは募金を募ったり。



理研の笹井副センター長の自殺も、あのタイミングだと
やっぱり怪しく思える。

やっとのことで検証実験ができることになって
これで証明できると意気込んていた矢先にである。

いろいろと闇は深そうだ。



STAP細胞は本当に無いのか、握りつぶされたのかは今となってはわからないけど、
小保方さんが手記を出版されたのはそれを知る手がかりとしては貴重だ。


科学の進歩って検証と失敗のくりかえしなのに、たった一度の失敗でよってたかって徹底的に叩き潰そうとしている世の中が怖い。





【アマゾンレビュー】
・「STAP現象」は存在し、ES細胞を混入させた疑いは若山教授にある! 2016/1/28
最初に。本が出版される日の0時を回った時点で、すぐに、悪意ある書き込みが書かれた事が、この問題を象徴しているようです。

さて、本文ですが、STAP問題の核心が完全に明らかになっている。

1)小保方さんは指導者(若山教授)の管理指導の下(部下)におり、マウスの受け取り一つ自由にできない立場であったこと。
2)STAP幹細胞として管理し、キメラマウスの作成はすべて若山教授が行っており、小保方さんには一切関わらせなかったこと。
3)論文不正報道後、若山教授の態度が一変し、メディア(NHK、毎日新聞)に自身に有利な情報をリークするようになったこと。
4)メディアの一方的な情報により形成された世論に抗うことができなくなった理研は、一研究員であった小保方氏に全責任を負わせたこと。
5)検証実験では、人権を蹂躙される扱いをされながらも小保方氏は「STAP現象」を確認したこと。
6)ES細胞を混入できたのは若山教授しかいなかったという事実。
7)早稲田大学は論文再提出の際に、十分な指導もなく、世論に迎合し、最初から合格させないことが前提であったこと。

若山教授こそ、説明責任を果たすべきである。小保方氏に全責任を負わせた責任を取る番である。(Tさん)




 
posted by macky at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

土屋アンナさん “全面勝訴”

土屋アンナさんが泥沼の裁判で全面勝訴した。

訴訟の相手は演出家の甲斐智陽氏。
もともと200万円で和解の話があったのに
それを蹴って逆にアンナさんに訴えられて負けてしまった。


先日、「」という本で学んだ通り、
逃げ道をなくして追い詰めるとこういうことになる。

まさにいい例だといえるかも。




土屋アンナ泥沼裁判に“勝利” 甲斐氏の請求棄却、33万円支払い命令
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00000043-dal-ent
(デイリースポーツ 1月25日(月)13時27分配信)

 モデルで歌手の土屋アンナ(31)が主演舞台「誓い〜奇跡のシンガー」の稽古に参加せず公演が中止になったとして、プロデュースした演出家の甲斐智陽氏と製作会社が約3000万円の損害賠償を請求した民事訴訟の判決が25日、東京地裁で開かれ、原克也裁判長は、甲斐氏側の請求を棄却した。

 また甲斐氏がネット上で発表した楽曲「ANNA」の歌詞が名誉毀損(きそん)にあたると土屋側が反訴した件については、訴えを認め、甲斐氏に33万円の支払いを命じた。甲斐氏は出廷したが、土屋は姿を見せなかった。

 裁判所は「原告(甲斐氏)の準備不足と権利関係のずさんな管理に起因して、出演契約の基礎となる信任契約が失われており、土屋が稽古に参加しても、上演が法律上も事実上も困難だった」と判断。舞台中止が土屋が稽古に参加しなかった以前に原因があるとした。

 また、甲斐氏による名誉毀損(きそん)については「訴訟が社会的耳目を集める中で、甲斐氏が自ら演奏し歌唱したものだから、一般視聴者は、通常、『ANNA』は土屋アンナを指すと理解する。歌詞は土屋の客観的な社会的評価を低回させる」と認めた。

 舞台は13年7月に上演予定だったが、甲斐氏が原作者から舞台化の許可を取っていないことを知った土屋が、参加予定だった12回の稽古のうち10回を欠席。公演は中止になった。

 同年8月に甲斐氏らは「公演中止になったのは土屋が無断で稽古をサボったことが原因」として、土屋の所属事務所を訴えた。地裁は、14年12月に土屋側に解決金200万円を払う和解案を提示したが、甲斐氏側が拒否。土屋側も甲斐氏が動画サイト上で発表した楽曲「ANNA」が名誉毀損にあたると甲斐氏を訴えるなど、泥沼化した。

 昨年11月には初めて土屋が出廷し、甲斐氏と法廷で直接対決。「原作者の承諾書をもらうまで稽古に参加しないことは、甲斐氏も了承していた」などと証言した。


 
タグ:裁判
posted by macky at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

内向か外向か

齋藤孝の天才伝1 ユング』 を読み返していると、新たな発見があった。


●ユングによれば、外向型の人は、周囲のできごとからほとんど無限といってもよいほどの刺激を受けるので、行動の基準となる道徳律は、その人をとりまく環境が求めるものと一致するし、社会に順応しようとする意欲が強い。一般に親切でつき合いやすく、他人のために自己を犠牲にしても悔いはないし、よく働き、社会的に成功することも多い。(p.96)



☆これはまさに私のことかも。

人の影響を受けまくるし。


ということは、内向か外向かといえば、外向なんだな。

一人でいても全然苦にならないから内向かなーと思ってた。



そういう目で新たに 『あなたの天職がわかる16の性格』 を読み返してみると、

タイプ15 創作者(ENFP型)

タイプ11 企業家(ENTP型)



あたりがあてはまるかもしれない。



●ENTP型は、手がけるプロジェクトの数を減らし、はじめたことは最後までやりとげるよう気をつけよう。(p.183)

●ひとつのことを最後までやりとおすのをいやがる傾向は「もっとおもしろいことを逃してしまうのではないか」「もっといい機会を逃してしまうのではないか」という恐怖心から生じている。(p.184)

☆まさにこれだ。


●ENFP型は、エネルギーをそそぎ込む対象をもっとじっくり選ぶよう心がけよう。そうすれば時間を無駄にせずにすむし、才能も浪費せずにすむ。(p.239)

☆エネルギーをそそぎ込む対象を絞る。




●重要な事実や任務があれば、かならずメモや文書に書きとめておくようにしよう。そうすれば、途中で横道にそれずにすむ。(p.240)

☆母艦ノートになるべく書きとめるようにしている。
飽きないように工夫することが大事だ。




●「ものごとに優先順位をつけ、いざ作業にとりくんだら集中し、最後までやり抜こう!」(p.195)

●「優先順位をはっきりさせ、目標に集中してとりくみ、決めたことは最後までやりとげよう!」(p.251)

☆最後までやり抜くというのがカギかも。ちょっとやってみよう。


posted by macky at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

長寿の人は肉食が多い

以前は肉をあまり食べない方がいいっていうのが常識だったけど
最近は、肉を食べた方が長生きするって言われる。

どっちが正解なのかと思っていたけど、
そういうことだったのか。

つまり人によるってこと。




悪いのは肉や脂そのものではなく、

食べ過ぎた脂が体内に溜まって
酸化を起こすこと。


酸化とは体が錆びつくようなもの。

それが老化や病気の原因になる。


だから肉を食べてもそれを酸化させない方法があればいいのだ。






『悪い脂が消える体のつくり方』



身体を錆びつかせない方法は大きく二つ。


悪い脂を溜めない体を作ること。

もう一つは、体内で悪い脂を作りださないこと。



そのためには、適度な運動、抗酸化力を高める食品、太りにくく老けない生活術など。



肉をどんどん食べて100歳まで元気に生きよう。

posted by macky at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

カテゴリを整理しました

記事がたくさん増えてきたので
カテゴリを整理してみました。

主にビジネス書と実用書を細分化。

ビジネス書 31→17

実用書 45→11


だいぶ見やすくなったかと思います。

というわけで、
今後ともよろしくお願いいたします。

posted by macky at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

楽天イーグルス日本一! 星野監督の愛読書は

昨日、東北楽天ゴールデンイーグルスが読売ジャイアンツを破って、
球団創設9年目にして初の日本一に輝きました。

震災と戦っている東北のファンに大きな勇気を与えて
日本中に大きな感動を呼び起こしました。


先日、巨人のV9時代を率いていた川上哲治氏がお亡くなりになりましたが、
楽天の星野監督はNHK解説時代、川上氏にお世話になったそうです。


そのときに、
三国志』 や 『韓非子』 を薦められて、読みあさったといいます。

星野監督は、曹操の姿に自分を重ね合わせ、
自分が目指す監督に通じるものがあったと当時を振り返ってました。

こういう話を聞くと、イマジネーションが広がりますね。わーい(嬉しい顔)

 
posted by macky at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする