2017年10月31日

読みたい本: コーチングの神様が教える「できる人」の法則

ケルヒャージャパンの佐藤社長おすすめの本。

コーチングの神様が教える「できる人」の法則。

著者は世界的企業の経営者80人以上に人を動かす能力を指導してきたマーシャル・ゴールドスミス。

リーダーが持ちやすい20の悪い癖を直すことが成功者の条件と記されている。

佐藤社長はこの本を読み、社員とのコミュニケーションの仕方を改めたという。



夢をすべて実現する人はほとんどいない。

大切なのは、

「私は夢をすべて実現させか」ではなく、「私は試したか」である。




【概要】
極度の負けず嫌い、人の話を聞かない、部下をえこひいきする、情報を教えない、腹を立てたまま何かを言う…。成功しているリーダーなら誰でも、つい日常的にやってしまう「悪い癖」を持っている。ジャック・ウェルチをはじめ何人もの名経営者を指導してきた著者は、この「悪い癖」を直すことこそ、ビジネスでも人生でも成功者の条件だ、と説く。そして、自分の悪癖を発見するためのフィードバックの集め方から、改善の度合いを知るためのフォローアップの技法まで、エグゼクティブ・コーチングの現場で実際に使っている技法を読者に伝授する。ウォールストリート・ジャーナルやNYタイムズ、amazon.comなど全米メディアでベストセラー第1位を記録したコーチング本の決定版。(「BOOK」データベースより)





【Amazonレビューより】
・何度も読み返した本 2010年12月8日
冒頭部分に出てくる20の悪い癖のところは何度か読み返した。
指摘されなければ気づかない自分の悪癖を良く理解することができる。
マーシャルの手法は人間関係の表面的な部分_態度や言動を徹底して
矯正していくわけだが、結局は人格にまで影響を及ぼすことができる
のではないかと思える。それにしてもニュートラルな状態に自分を置く
ということはどんなに難しいことか?
フィードバックを得る様々なユニークな方法は参考になる。(オキムラ良二さん)

posted by macky at 20:00 | Comment(0) | 読みたい本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

読みたい本: 漫画 君たちはどう生きるか

吉野源三郎 『君たちはどう生きるか』 の漫画化。

世界一受けたい授業で齋藤孝さんが紹介されていたので興味を持った。





原著は昔読んだことがあり、

いい本だった印象があるので、期待して読んでみたい。



【アマゾンレビューより】
・原作尊重の好アレンジかと思います 2017年9月22日
一歩間違えば批判殺到の危険性大な,歴史的名著の漫画化。
それにあえて挑戦したことに賛辞を贈りたいです。

私自身は,若い頃に岩波文庫版を読みました。
その後,自分の子どもにも読ませたいと思い,機会あるごとに勧めてきましたが,
反応は今一つ…。
そこへ,この度の漫画化を知り,懲りずに勧めたところ
「漫画だったら読んでみようかな」
とのことで,ちょっぴり嬉しい父なのでした。

さて,作品の方ですが,
原作である小説版の趣旨をゆがめることなく漫画化されていると感じました。
読む前に一番気になっていたのは,
他のレビュアーさんも指摘している通り,
作中に欠かせない存在である「叔父さんのノート」をどう漫画化するのだろう…ということでしたが,
そこは作者自身もずいぶんと悩んだのだろうな,というのがよく分かるアレンジでした。
多少ネタバレになりますが,
「叔父さんのノート」そのまんま文章で載ってます。漫画じゃなくて。
ただ,そうする必然性を持たせようと工夫しているのも分かるので
これはこれでアリかなと。

もう少し書くと,
主人公コペル君のお父さんが,亡くなる直前に,
義理の弟で編集者の「(コペル君の)叔父さん」を呼び
自らの経験を語った後に
「次世代の若者たちに,人として伝えるべき事を伝える本を世に出して欲しい」
と頼みます。
始めは編集者として本の著者になってくれる人を探す叔父さんでしたが,
コペル君の成長に励まされ,
コペル君を見守りつつ書きためていた「ノート」をもとに
自ら本を書こうと決意する,という
原作にはないエピソードが追加されています。

小説版を読んだ人なら分かると思いますが,
物語のあとに「作品について」という著者の吉野源三郎さんによる解説が付いており,
その中で,本来著者となるはずだった作家の山本有三さんが病気で倒れ,
自分が書くことになったということが紹介されています。
追加エピソードは,この話をヒントに作られたと思われ,
小説版との整合性をできるだけ保ったまま漫画化しよう
という姿勢が感じられていいです。
この内容なら漫画化作品として合格点なのではないでしょうか。

…と,ここまで書いてきましたが,
できることならば,漫画だけで「読んだ」と片付けてしまわずに
小説版もぜひ読んで欲しいです。

今さら「時代」を口にするのも何ですが、
当時と現在、両者に通じる何かを感じさせられる事の多い今だからこそ、
しっかりと原作にも目を通して、著者たちが本当に伝えたかったことを
今一度、自らの目と頭でも読み取りたいものです。(Yさん)



☆山本有三さんがもともとの著者だったというのは知らなかった。


 
posted by macky at 02:58 | Comment(1) | 読みたい本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

読みたい本: カズオ・イシグロ「日の名残り」 (ノーベル文学賞受賞作品)

カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞した。


最初、カズオ・イシグロさんって聞いたとき、マツコロイドを作った石黒浩さんかと思ってしまった。


受賞作品は、
1989年に発表した 『日の名残り


舞台は第二次世界大戦前後。
英国貴族に仕えた執事の半生の話。

授賞理由は、力強い感情の小説により、私たちが世界とつながっているという幻想に隠されている深い闇を明らかにしたとのこと。


読んでみたい。


村上春樹さんは今年もダメでした。
というか、昨年、村上春樹さんのフィーバーがあったけど、あれからもう1年も経ったのか。




【Amazonレビューより】
・優雅な翻訳で奏でられる、古き良き英国の品格 2015年5月29日
内容は別の方に譲り、素晴らしい翻訳についてレビューしようと思います。
原著のストーリーの良さもさることながら、素晴らしい訳者様のおかげで良質の日本語小説となっています。

外国ものの訳書の中には、(原著での言い回しがあまりに日本語になじまな過ぎる場合含め)感情移入できないことがあるのですが、本書の翻訳は素晴らしく、言葉遣いの違和感に邪魔されることなく、品の良い英国執事の語りに導かれて物語を楽しむことができました。

あまりに主人公(執事)の語り口が優雅だったので原著(英語)ではどのような表現なのかと思い、日本語読了後に英語版を購入しましたが、比較してみて、雰囲気を作り出すための訳者の仕事の良さに拍手でした。

例えとして冒頭の一部分抜粋します。

(日本語)
ご想像のとおり、あの日、私はファラディ様のお申し出を真剣には受け止めませんでした。なんと申しましてもアメリカの方ですから、イギリスで普通に行われていることと、そうでないことの区別を、まだよくご存じではありません。不慣れゆえのご発言であろうと、その程度に考えておりました。

(英語)
As you might expect, I did not take Mr Farraday's suggestion at all seriously that afternoon, regarding it as just another instance of an American gentleman's unfamiliarity with what was and what was not commonly done in England.

執事らしい日本語敬語への変換も流麗ですが、直訳では存在しない「なんと申しましても」による妙味、次の文章にうまくつながる「不慣れゆえのご発言であろうと、その程度に考えておりました。」の追加に、なんと文章センスのある訳者様だと舌を巻きました。

ぜひ英国の古き良き品格を優雅な語り部と共にお楽しみください。(潮騒かもめさん)





 
posted by macky at 17:16 | Comment(0) | 読みたい本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

読みたい本: 稲森和夫「成功の情熱」

ライフルの井上高志社長。

26歳で創業した時に、

経営の神様と言われる人の本は一通り全部片っ端から読んだ。


何からやっていいか、手探りだったので、

いろんな本を読んだ中では経営に大きなインパクトをいただいた貴重な本。


それが、稲森和夫さんの 『成功の情熱』 だ。







自分が「こうしたい」「ああなりたい」というパッション、情熱の通りにできている時っていうのは、

人はいちいち何かを言われなくても勝手にどんどん進んでいく。

一番大事なベースにある考え方は、

社員、従業員の内発的動機を邪魔しない。支援し続けること。

 
posted by macky at 00:38 | Comment(0) | 読みたい本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

池上さんがAmazonで最近買った本

池上さんがAmazonで最近買った本を紹介してました。

クルド人 国なき民族の年代記――老作家と息子が生きた時代
IS国が壊滅した後、クルド人の運命やいかに?

クルド人の歴史をあらためて学んでおこう。


学生を戦地に送るには』 佐藤 優
戦争中、学生たちを戦地へ送る授業があった。


posted by macky at 23:58 | Comment(0) | 読みたい本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

読みたい本: 小倉昌男「経営学」

小倉昌男「経営学」
ヤマトの二代目社長。

宅配便を一から切りひらいていった軌跡が細かく書かれていて、
どう新しい発想を取り入れるのか、ヒントを探しているときにこの本と出会ったそうだ。

先日、友人と話してるときに、アイディアはみんな山ほど持っている。問題は既得権益だ。
既得権益とどう戦っていったかに注目していこうといってたからちょうどいいかも。

当時は郵便局が独占していた。

トレジャー・ファクトリーのトレック・野坂社長おすすめ。(モーサテ リーダーの栞)



 
posted by macky at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読みたい本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

読みたい本: ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則

アキュラホームの宮沢社長がおすすめ。

ビジョナリー・カンパニー。


「世界的な企業を分析された

その生存の原則というものを一つひとつ書かれておりまして、

今もなお、この本を読み、そして生かしているというところなんですね」



アメリカの経済学者、ジム・コリンズが書いた 『ビジョナリー・カンパニー

フォードやIBMなど、一流企業18社と

それぞれの競合企業を比較し、

一流企業に共通する特徴を解き明かした一冊。



ANDの才能を生かす


一流企業は変化と安定、慎重と大胆など、両極にあるものを同時に追求する能力、「ANDの才能」を持っているという。

その中で、宮沢社長は低価格と高品質を同時に追求することにした。

建築費や人件費などを分析し合理化。

大手より2〜3割安い注文住宅を実現した。

その独自ノウハウはデータベース化してアキュラホームの強みになっている。




企業そのものが究極の作品である


ミッションは、日本の住まいを安くする。

何のためか。

人々の暮らしを豊かにするため。

品質、価格、サービスのすべてにおいて日本一の住まいづくりを目指すというのがビジョン。

経営理念をもって、やっていける人を生み出す組織を作ること。





以前、リブセンスの村上太一社長もおすすめしていた気がする。





posted by macky at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読みたい本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする